CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【鉄コレ】 静岡鉄道A3000形 A3001F

f:id:chibatrain:20180603152148j:plain

3000形は、老朽化した 1000形の置き換え用として導入された車両で、形式の前に「新たな活性化」などの意味を込めた「A」が加えられました。

車体は J-TREC 製の最新技術「sustina」による軽量ステンレス車体を採用した18m級3扉で、先頭部のみ鋼製となっています。

運転席は全室構造で、マスコンは 1000 形のT形ワンハンドルを踏襲、車内は2段手すりを設置するなどバリアフリー化が図られています。

編成は1M1の2両編成で、クモハ A3000形( Mc )に走行関係機器を、クハ A3500 形(Tc)に補器類を搭載しました。

主回路は 1C2M ×2群の制御単位で、制御方式は IGBT 素子の VVVF インバータ制御、主電動機は低騒音化と保守省力化を図るため全閉式とした三相誘導電動機が搭載されました。

ブレーキ制御は回生併用電気指令式で、台車はダイレクトマウントボルスタ付きぺデスタル式軸箱支持、パンタグラフシングルアーム式を Mc 車に搭載されました。

鉄道コレクションでは、A3001F編成はオープンパッケージで製品化されました。

f:id:chibatrain:20180603152151j:plain

↑ A3001

f:id:chibatrain:20180603152154j:plain

↑ A3501

f:id:chibatrain:20180603152157j:plain

↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180603152200j:plain

↑ A3001運転台付近の様子。台車の取り付けが曲がってるのは鉄コレならでは品質の悪さです。

f:id:chibatrain:20180603152234j:plain

↑ A3000側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180603152237j:plain

↑ A3001側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180603152240j:plain

↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180603152244j:plain

↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180603152247j:plain

↑ A3501側面の様子。

f:id:chibatrain:20180603152307j:plain

↑ A3501側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180603152310j:plain

↑ A3501前面の様子。