CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

上毛電気鉄道 700形 ①

f:id:chibatrain:20180618114658j:plain

 ↑ 撮影に訪れたときは、運用に入っていなかった711F編成。

上毛電気鉄道700形は、元京王電鉄井の頭線用3000系で、当時使用していた300型・350型の老朽化代替えと車両冷房化・ワンマン運転化を目的として、1998年から2000年にかけて上毛電気鉄道に譲渡されました。

制御電動車デハ710型+制御車クハ720型の2両編成で、8本(16両)が在籍しています。

全編成とも、京王時代と比べて、種別灯と尾灯の位置が逆転したことや、主制御器の交換、抵抗制御器の新品への交換などが行われています。

前面の塗装は、入線当初は全車両ともフィヨルドグリーン塗装でしたが、2005年度検査出場時以降、京王時代の塗装に順次変更され、現在では各編成毎に色が異なっています。

★711F(フィヨルドグリーン)

711F編成は、京王時代のクハ3700・3750形が種車で、クハ3750形を電装化、分散式冷房装置を搭載しており、制御装置は京王6000系の廃車発生品を再利用しています。(711F-714F、718F編成とも共通)

f:id:chibatrain:20180618114701j:plain

↑ 冷房装置は分散型を搭載。

f:id:chibatrain:20180618114704j:plain

↑ 当初は他の編成も前面はこの色(フィヨルドグリーン)でした。

f:id:chibatrain:20180618114707j:plain

↑ 渡良瀬川の鉄橋を渡る712F編成。 

★712F(ロイヤルブルー)

712F編成は、京王時代のクハ3700・3750形が種車で、クハ3750形を電装化、分散式冷房装置を搭載しており、制御装置は京王6000系の廃車発生品を再利用しています。(711F-714F、718F編成とも共通)

デハ712は、種車が事故復旧車体のクハ3758であるため、700形唯一の軽量構造車体であり、コルゲートが他車より少なくなっています。

現在、前面はロイヤルブルーに塗装されています。

f:id:chibatrain:20180618114710j:plain

 ↑ 撮影時は、「ぐんま昆虫の森」のヘッドマークを付けていました。

f:id:chibatrain:20180618114905j:plain

 ↑ 先頭は同系列唯一の軽量構造車体のデハ712で、後ろのデハ722とは側面のコルゲート部分が異なっています。

f:id:chibatrain:20180618114909j:plain

↑ 前面の塗装はロイヤルブルーです。

f:id:chibatrain:20180618114912j:plain

 ↑ 713F編成は前面が赤い(フェニックスレッド)の電車です。

 ★713F(フェニックスレッド)

713F編成は、京王時代のクハ3700・3750形が種車で、クハ3750形を電装化、分散式冷房装置を搭載しており、制御装置は京王6000系の廃車発生品を再利用しています。(711F-714F、718F編成とも共通)

現在は、前面の塗装はフェニックスレッドとなっています。

f:id:chibatrain:20180618114917j:plain

↑ 中央前橋駅を出発する713F。

f:id:chibatrain:20180618114920j:plain

 ↑ 中央前橋駅構内で撮影。

f:id:chibatrain:20180618114946j:plain

 ↑ 制御装置は京王6000系の廃車発生品を再利用しています。