CHIBA TRAIN NET

コロナ禍の影響で、撮り鉄は自粛、当面は鉄道模型の記事が中心となります。

鉄道博物館 その3

f:id:chibatrain:20180701202137j:plain

 鉄道博物館ムーミンです。

前回を訪問したときはまだ高碕で保管されていたので、今回初めてのご対面となりました。

EF55-1号機は、1936年に日立製作所笠戸工場で製造され、他の2号機や3号機とともに沼津機関区に配置され戦前には特急「燕」や「富士」の先頭に立って活躍していましたが、終戦近い1945年に米軍機の機銃掃射を受け16ヶ所が破損、一時期は中央鉄道学園の教材として保管されたのち、1986年に高崎で復活し、2009年1月まで動態保存されていました。

解体されず、鉄道博物館で今でもこうして現物を見ることができるのはうれしい限りです。