CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 42系大糸線

f:id:chibatrain:20180901211326j:plain

鉄コレから発売された42型(42系)大糸線2両セットでは、クモハ43800+クハ68017の2両が製品化されています。

うちクモハ43800は、鉄道省が1933年から京阪神地区投入した20m級2扉クロスシート車両のモハ42型に属しますが、800番台車となっています。

この800番台車は、戦後、横須賀線から飯田線に転出した7両のクモハ43のうち3両がさらに身延線に転属し、同線の小断面トンネルに対応して低屋根化改造されたものです。

一方のクハ68017は、元2・3等合造車として製造されたクロハ59で、2連基本編成の京都より先頭車に連結されて運用されていました。

その後京阪神間の緩行線から優等車が廃止されると、クロハ59の車内は3等車として格下げ使用されるようになり、1941年以降に3扉クロスシート車に改造され、クハ68に編入されました。

両車とも大糸線に異動後はスカイブルー色に変更され、廃車になるまで活躍しました。
なお、大糸線の旧国は1981年に北松本支所に115系1000番台36両が投入された際に全車引退となりましたが、クモハ43800は2扉車であったことから1977年に余剰車として廃車になっています。

f:id:chibatrain:20180901211328j:plain

 ↑ クモハ43800

f:id:chibatrain:20180901211330j:plain

 ↑ クハ68017 

f:id:chibatrain:20180901211332j:plain

 ↑ クモハ43800 前面の様子。

f:id:chibatrain:20180901211334j:plain

 ↑ クモハ43800 運転台付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20180901211407j:plain

 ↑ クモハ43800 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180901211409j:plain

  ↑ クモハ43800 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180901211415j:plain

↑ クモハ43800 台車の様子。

f:id:chibatrain:20180901211442j:plain

↑ クモハ43800 パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20180901211411j:plain

 ↑ クハ68017 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180901211413j:plain

 ↑ クハ68017 側面の様子 その2

 

f:id:chibatrain:20180901211444j:plain

 ↑ クハ68017 運転台付近の様子。