CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

名古屋臨海鉄道 ND552(自社発注機)

f:id:chibatrain:20180920171703j:plain

↑ 名古屋臨海鉄道で開業時より運用されるND552。

 名古屋臨海鉄道のND552は、1940年の開業当初から運用されるディーゼル機関車で1973年までに9両が導入されました(1号機から3号機、及び5号機から10号機まで)。

(自社発注機の他、1980年以降に国鉄及び清算事業団から譲渡されたDD13形機8両もND552となりましたが、ここでは自社発注機のみを記載します。)

いくつか異なる点はありますが、基本的には国鉄DD13形に準じた仕様で設計されました。

3号機のみが汽車製造製ですが、その他は日本車輌製造製です。

車体の形状は、運転台を中央、その前後にボンネットを配置するセンタキャブで、全長は13600mm、自重は55トンとなりました。

機関は、DD13用の111号機以降で採用され、出力が500PSに増強されたDMF31SB型エンジンを2基搭載し、重連総括制御にも対応しています。

台車はメーカーにより異なり、軸箱支持方式は3号機(汽車製造製)はウイングばね式ですが、他は軸ばね式です。

前照灯が一つとなっているのが特徴ですが、3号機のみは1986年に更新工事を受けた際に車体がDD13-223号機のものに交換されたため、その後前照灯は2つとなりました。

塗装は、開業時は国鉄色に準じたものでしたが、現在はブルー車体に白帯の入ったものとなっています。

2013年4月時点のデータですが、自社発注機は4両がすでに廃車となり残る5両の在籍となっています。

なお、写真は2016年12月に名古屋臨海鉄道を訪問した際に撮ったものです。

f:id:chibatrain:20180920171705j:plain

 ↑ 基本的は仕様はDD13に準じていますが、相違点も多数あります。

f:id:chibatrain:20180920171707j:plain ↑ 現在の塗装はブルーに白のラインを配したものとなっています。

f:id:chibatrain:20180920171710j:plain

 ↑ 東港駅で入換作業中の9号機

f:id:chibatrain:20180920171712j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20180920171759j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20180920171801j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20180920171803j:plain

 ↑ 運転台付近の様子。

f:id:chibatrain:20180920171805j:plain

 ↑ 開業50周年の際、旧国鉄色となったND5527号機

f:id:chibatrain:20180920171807j:plain

 ↑ 名古屋臨海鉄道を訪問したこの日は、重連運用の先頭に立っていました。

f:id:chibatrain:20180920171833j:plain

 ↑ DD5527号機の全体の様子。

f:id:chibatrain:20180920171836j:plain

 ↑ 新旧塗装機が仲良く重連で運用中。