CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

真岡鐵道 モオカ14形

f:id:chibatrain:20181014165455j:plain

↑ モオカ14形は、モオカ63形の置き換え用として2002年に登場しました。

 モオカ14形は、真岡鐵道の開業(第3セクター転換)から運用され老朽化していたモオカ63形を置き換え用として、2002年から2006年にかけて9両が導入されました。

車体は18m級普通鋼製で、片側2扉の両運転台構造となり、富士重工業のLE-DCの仕様をベースとしていますが、より一般の鉄道車両に近い設計となっています。

機関は261kW(355PS)の小松製直噴式ディーゼルエンジンを搭載し、台車はボルスタレスにウイングゴムの軸箱支持を備えたものを履いています。

ブレーキは電気指令式で、抑速用排気ブレーキも付き。

最初に導入された2両は富士重工業で製造されましたが、その後富士重工業鉄道車両事業から撤退した為、以降に導入された7両は日本車輌製造で製造されました。

両者の仕様には差異があり、車内の座席は富士重工業製がセミクロスシートとなったのに対して、日本車輌製造製ではオールロングシート仕様となりました。

また、前照灯・標識灯についても、富士重工業製では貫通扉の上に集中配置されましてが、日本車輌製造製では運転台側と助士側に分けて配置されました。

外部塗装はグリーンとオレンジのツートンカラーで、上部のグリーンではモザイクの模様が描かれています。

現在は、真岡線全線(下館駅茂木駅間)で運用され、平日の通勤時間帯では2両編成で運転されるときもあります。

f:id:chibatrain:20181014165457j:plain

 ↑ 富士重工のLE-DCをベースとした普通気動車です。

f:id:chibatrain:20181014165459j:plain

 ↑ 開業30周年のヘッドマークを付けたモオカ14-4。

f:id:chibatrain:20181014165500j:plain

 ↑ 真岡駅車両基地を拠点に運用されています。

f:id:chibatrain:20181014165503j:plain

 ↑ 日本車輌製造製(3~9)はオールロングシートです。

f:id:chibatrain:20181014165535j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20181014165537j:plain

 ↑ 運転台付近の様子

f:id:chibatrain:20181014165539j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181014165541j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181014165543j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181014165605j:plain

 ↑ 屋根上の様子。

f:id:chibatrain:20181014165607j:plain

 ↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20181014165609j:plain

 ↑ 車内の様子 その2(ロングシート