CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【特集】鉄道コレクション 第27弾

f:id:chibatrain:20181124163141j:plain

↑ 左から、東武5050系・西武401系・相鉄3010系です。

鉄道コレクション第27弾が発売されたので、早速購入しました。

今回のテーマは、日本の高度成長を支えた大手私鉄の車両シリーズということで、東武5050系・西武401系・相鉄3010系・名鉄7300系・近鉄2400系がラインナップされました。

いずれも、各私鉄を代表する形式ではなく、少しコアな形式を製品化しており、さすが鉄コレというところ。

パンタフラフは、予算の都合により、後日少しづつ購入して交換する予定です。

なお、今回のシークレットは東武5050系のパンタグラフが一つしかないものだそうですが、自分は当たりませんでした。

f:id:chibatrain:20181124163144j:plain

↑ 左から名鉄7300系・近鉄2400系

東武鉄道5050系

f:id:chibatrain:20181124163147j:plain

東武5050系は、1980年から1984年にかけて導入された7800系の更新車で、当初から冷房装置を搭載していました。

車体は8000系と同じで、パンタグラフは交差型を2基登載しています。

f:id:chibatrain:20181124163149j:plain

 ↑ クハ5657

f:id:chibatrain:20181124163152j:plain

 ↑ モハ5577

西武鉄道401系

f:id:chibatrain:20181124163231j:plain

 西武401系は、釣り掛け駆動の411系を冷房化及び主要機器の交換により高性能化を行い、誕生した車両です。

401系は、2012年にも事業者限定品で製品化されていますが、今回製品化されたのはそれとは異なり、雨樋が高く側面がすっきりしている、427編成でした。

f:id:chibatrain:20181124163234j:plain

 ↑ クモハ427

f:id:chibatrain:20181124163236j:plain

 ↑ クモハ426

相模鉄道3010系

f:id:chibatrain:20181124163239j:plain

 相鉄3010系は、旧3000系の足回りと6000系同様の車体を組み合わせて東上した車両で、1964年から1966年にかけて10両が増備されました。

f:id:chibatrain:20181124163241j:plain

 ↑ クハ3511

f:id:chibatrain:20181124163319j:plain

 ↑ モハ3511

名古屋鉄道7300系 

f:id:chibatrain:20181124163323j:plain

 名鉄7300系は、旧型車(3800系など)の機器を流用して車体を新造した車両で、1971年に登場しました。

車体はパノラマカー同様でした。

f:id:chibatrain:20181124163325j:plain

 ↑ ク7205

f:id:chibatrain:20181124163328j:plain

 ↑ モ7305

近畿日本鉄道2400系

f:id:chibatrain:20181124163330j:plain

 近鉄2400系は、大阪線用初の1M高性能車として1966年に登場、2両編成6本が製造されました。

個人的には、マルーン1色の塗装で製品化して欲しかったです。

f:id:chibatrain:20181124163350j:plain

 ↑ モ2405

f:id:chibatrain:20181124163353j:plain

 ↑ ク2505