CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

西武鉄道 新101系 リバイバル塗装(249編成)

f:id:chibatrain:20181111124441j:plain

↑ 2018年3月にイエロー+ベージュの旧塗装に戻った249編成。 

西武鉄道新101系の249編成は、2010年以降多摩川線用のワンマン化工事・リニューアル工事が実施され、その後は白一色の塗装(「夏」編成)で運用されていましたが、2018年にかつてのイエローとベージュのツートンカラーに変更され、3月より多摩湖線で運用を開始し、4月下旬以降は多摩川線で運用されるようになりました。

これは、多摩川線100周年記念イベントの際のアンケートで、赤電の次に復活を希望する意見が多かったことから、今回の実施に繋がったものです。

写真は、2018年10月に多摩川線を訪問した際に撮ったものです。

f:id:chibatrain:20181111124443j:plain

 ↑ イエロー+ベージュは、デビュー当初の塗装。車体側面が途中で黄色一色となりました。

f:id:chibatrain:20181111124446j:plain

↑ 前面の窓周りのくぼみは、デビュー当初はベージュでしたが途中で黒色になりました。 

f:id:chibatrain:20181111124448j:plain

 ↑ 武蔵境駅に到着する249編成

f:id:chibatrain:20181111124450j:plain

 ↑ 多磨駅に停車中の249編成

f:id:chibatrain:20181111124537j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20181111124540j:plain

 ↑ 運転席付近側面の様子。

f:id:chibatrain:20181111124543j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181111124545j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181111124548j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181111124603j:plain

 ↑ リバイバルは塗装のみ。パンタグラフシングルアーム式。