CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

関東鉄道~真岡鐵道 その10

f:id:chibatrain:20181111121812j:plain

真岡駅でSLもおか号の到着を待つ間、キューロク館で圧搾空気を動力源とした動態保存されている、D51ー146号機を見学しました。

先輩のキューロクよりも存在館があるように感じたのは私だけではないと思います。

やはり動輪4つを備えるD51の迫力は凄いですね。

しかし、残念だったのは、他のキューロク観光の展示物であるDE10やキハ20などの車両があまり整備されず、老朽化がかなり進んでいたこと。

せっかくの貴重な車両が残念です。

せっかく車両を展示物してここの観光の目玉として活躍したいのであれば、見学料をらとっても構わないので、もっと設備も整え、車両も本格的に整備して保存した方が良いと思います。

九州の門司港駅のすぐ近くに九州鉄道記念館があり、小規模で展示車両も9両しかありませんが、車両も設備もしっかり整備され、入場料は300円かかりますが、十分楽しめるところでした。

キューロク館もこのようになれば、もっと観光客も増えるように思えます。

カトー D51標準形(長野式集煙装置付)