CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

民間私鉄一般気動車

f:id:chibatrain:20181117202037j:plain

自分が訪問したローカル私鉄の気動車の記事を掲載します。

関東地方とその周辺(南東北・中部東海)が中心です。

鹿島臨海鉄道では、老朽化した6000形の後継として8000形が登場、今後順次置き換えが進みます。

関東鉄道では、今後0形、310形の動向が気になるところです。

 

山形鉄道

f:id:chibatrain:20181117220054j:plain

山形鉄道は、山形県南陽市赤湯駅青砥駅を結ぶ30.5kmの路線で、1988年10月にJR東日本から旧長井線を引き継ぐ形で開業しました。

列車は、開業時に導入されたYR-880形で1~2時間に1本程度運行されています。

車両の老朽化が著しく一部ですでに廃車も出ていますが、具体的な車両代替えの話はまだありません。

会津鉄道

f:id:chibatrain:20181124193722j:plain

会津鉄道は、西若松会津高原尾瀬口の57.4kmの路線で、1987年7月にJR東日本より旧会津線を引き継ぐ形で開業しました。

会津田島会津高原尾瀬口間の15.4kmの区間は直流電化されていて、東武鉄道野岩鉄道から6050系などが乗り入れ、2017年4月以降は東武特急「リバティ会津」も運行され、浅草-会津田島間の直通運転が行われています。

西若松会津田島間の非電化区間は18m級のディーゼルカーで運用され、西若松側はJR東日本に乗り入れ、会津若松駅(一部は喜多方駅)までの直通運転となっています。

非電化区間での運用車両は、2010年にキハ8500形用のAT700・750形とトロッコ車両のAT350形が新製導入されましたが、それ以降大きな動きはありません。

真岡鐵道

f:id:chibatrain:20181125085038j:plain

真岡鐵道は、茨城県筑西市下館駅と栃木県芳賀郡茂木駅を結ぶ41.9kmの路線です。

1988年4月にJR東日本から真岡鐵道が継承して現在運営しています。

運用車両は開業後2代目のとなるモオカ14形がSLもおか号(間合いの運用列車含む)以外の全ての営業列車で使用されています。

当面、車両の大きな動きはありません。

 ひたちなか海浜鉄道

f:id:chibatrain:20181124193715j:plain

ひたちなか海浜鉄道は、茨城県勝田駅阿字ヶ浦駅間の14.3kmを運営する路線で、2008年に茨城交通の鉄道部門を新設分割する形で発足し、茨城交通から同路線を継承し、現在に至っています。

運行車両は、他社から譲渡車や新製車などバラエティに富んでいますが、その中心は2015年にJR東海及び東海交通事業から譲渡されたキハ11が中心となっているようです。

鹿島臨海鉄道

f:id:chibatrain:20181124193713j:plain

旅客営業としては茨城県水戸駅鹿島サッカースタジアム駅間を結ぶ53.0kmの大洗鹿島線を運営しています。

鹿島サッカースタジアム駅は、最寄りのスタジアムでサッカーの試合等が実施されるときのみ営業する臨時駅で、列車は全てその先のJR鹿島線に乗り入れ、鹿島神宮駅まで運転されています。

運行車両は、現在主力の6000形が老朽化により廃車が始まり、2016年より導入が開始された8000形による置き換えが徐々に行われる予定です。

関東鉄道

f:id:chibatrain:20181124193741j:plain

関東鉄道は、1965年に常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道の合併により発足した鉄道で、一時期は茨城県下に5路線を展開・運営していましたが、現在は常総線取手駅下館駅間51.1km)及び竜ヶ崎線佐貫駅竜ヶ崎駅間4.5km)を運営しています。

全線非電化ですが、常総線取手駅水海道駅間17.5kmの区間は複線で列車の運転本数も多くなっています。

  • キハ0形
  • キハ310形
  • キハ2100形
  • キハ2200形
  • キハ2300形
  • キハ2400形
  • キハ5000形
  • キハ5010形

小湊鉄道

f:id:chibatrain:20181124193718j:plain

小湊鉄道は、五井駅-上総中野間の39.1kmを結ぶ非電化・単線の路線を運営しています。

車両は定期列車にはキハ200形気動車が使用され、需要に合わせて1両~4両編成で運用されています。

蒸気機関車をイメージした小型ディーゼル機関車と客車による「里山ロッコ」が2015年から運行され、話題となっています。

いすみ鉄道

f:id:chibatrain:20181124193720j:plain

いすみ鉄道は。国鉄特定地方交通線であった木原線(大原-上総中野間)26.8kmを引き継ぎ、第3セクター方式で1988年に開業した私鉄。

国鉄のキハ52+キハ28が運行されていることで有名です。

  • いすみ200形
  • いすみ300型
  • いすみ350型

天竜浜名湖鉄道

f:id:chibatrain:20181124193738j:plain

天竜浜名湖鉄道は、元国鉄特定地方交通線二俣線を引き継いで1987年に開業した第3セクターで、掛川新所原間を結ぶ67.6kmの非電化・単線の路線です。

現在は、同鉄道では2代目となる、TH2000型/2100型が主力となっています。

  • TH2100型

f:id:chibatrain:20180309115249j:plain