CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

営団地下鉄 3000系 その1

f:id:chibatrain:20181222173536j:plain

 ↑ 日比谷線用として1961年に登場した3000系。現在3001・3002が動態保存されています。

3000系は、帝都高速度交通営団(現:東京メトロ)が日比谷線用に製造した車両で、1961年に登場しました。

日比谷線の開業に合わせて増備され、1971年までの間に304両(事故代替車を含めると305両)が製造され、1994年まで活躍しました。

基本的には、当時の高性能車であった丸の内線300形を発展させた車両として設計され、全長18,000mm・車体幅2,790mmの両開き3扉構造となりましたが、軌間は1,067mmとなり、架線電車方式となったため車高が高くなりました。

制御方式はバーニヤ制御方式で、超多段抵抗制御器と発電ブレーキの採用でほとんどショックのない滑らかな高加速性能(起動加速度・減速度ともに4.0km/h/s)を実現しました。

車体はセミステンレス車体(骨組みは普通鋼製)が採用され、外側には歪みを目立たなくするためのコルゲート(波紋)が取り付けられています。

先頭部は丸みを持たせ曲面を持たせた、当時としては斬新なデザインとなり、その形状から「マッコウクジラ」などの愛称で親しまれました。

地下鉄内の高加減速性能と地上線内における高速性能を確保するため、編成数に限らず全電動車方式とされ、パンタグタフは営団地下鉄が新たに開発した鋼体架線対応PT44A形が採用されました。

3000系は、日比谷線中目黒-北千住間と乗り入れ区間として東武線は東武動物公園駅まで、東急東横線菊名駅まで運転されていましたが、後継となる03系2次車の投入が開始された1989年以降より廃車が始まり、1994年7月までに全車引退となりました。

廃車後、1993年から1997年にかけて2両編成×15本、3両編成×3本の計39本が長野電鉄に譲渡され3500系・3600系となりました。

その後、長野電鉄での一部で廃車始まりましたが、そのうち3001・3002号が2007年に再び東京メトロに譲渡され、営団地下鉄時代の姿に復元された上で、現在も綾瀬車両基地で動態保存されています。

写真は、2011年11月に綾瀬車両基地で行われたイベントで公開された際に撮ったものです。

f:id:chibatrain:20181222173539j:plain

 ↑ 「マッコウクジラ」の愛称で親しまれた前面のデザイン、当時としては斬新でした。

f:id:chibatrain:20181222173541j:plain

↑ 前面の下部分の様子。 

f:id:chibatrain:20181222173543j:plain

↑ 窓にも曲面ガラスが採用されています。 

f:id:chibatrain:20181222173622j:plain

↑ 「マッコウクジラ」と呼ばれる所以となる、おでこの様子。 

f:id:chibatrain:20181222173625j:plain

↑ 先頭部分側面の様子。 

f:id:chibatrain:20181222173627j:plain

↑ 車体全体にコルゲートが張り巡らされています。 

f:id:chibatrain:20181222173630j:plain

↑ ドアの様子。窓が小さいです。 

f:id:chibatrain:20181222173632j:plain

↑ 側面の2段式窓。国鉄の車両のものとは形状が異なります。

f:id:chibatrain:20181222173701j:plain

 ↑ 動態保存に際して復元された営団地下鉄のマーク。

f:id:chibatrain:20181222173704j:plain

↑ 3002号車側の側面。 

f:id:chibatrain:20181222173706j:plain

 ↑ 3001号車と3002号車の間の様子。

f:id:chibatrain:20181222173708j:plain

↑ 台車の様子。