CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 213系 

f:id:chibatrain:20181229184553j:plain

213系0番台車は、岡山電車区の115系老朽化車両置き換え用として国鉄末期に3両編成8本が製造されました。

車体は211系同様のステンレス製軽量車体で、前面も211系に準じたデザインとFRP構造ですが、側面は117系100番台同様に全長20mの車体に片側2ヶ所の両開扉、戸袋部以外は2枚1組の一段下降ユニットの窓が配置されています。

主制御機は211系同様に界磁添加励磁制御ですが、1M方式が採用され編成比率は1M2Tとなりました。

台車は205系以降で採用された軽量ボルスタレス台車を履いています。

帯の色は、新規に海をイメージした青と水色のツートンが採用されました。

1988年の瀬戸大橋線開業後は、グリーン車のクロ212を連結快速「マリーンライナー」等に使用されましたが、2003年10月以降は、普通車編成から中間車が抜かれ2両編成となり、ワンマン運転対応工事も実施されました。

鉄道コレクションでは、2両編成化されたクモハ213-3+クハ212-3の編成が第26弾で製品化されました。

f:id:chibatrain:20181229184555j:plain

 ↑ クモハ212-3

f:id:chibatrain:20181229184559j:plain

↑ クハ212-3

f:id:chibatrain:20181229184604j:plain

 ↑ クモハ212-3前面の様子。

f:id:chibatrain:20181229184607j:plain

 ↑ クモハ212-3 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181229184642j:plain

  ↑ クモハ212-3 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181229184644j:plain

  ↑ クモハ212-3 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181229184647j:plain

  ↑ クハ212-3 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181229184649j:plain

  ↑ クハ212-3 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181229184651j:plain

  ↑ クハ212-3 屋根上の様子。

f:id:chibatrain:20181229184719j:plain

 ↑ 台車は軽量ボルスタレス台車です。

f:id:chibatrain:20181229184721j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20181229184724j:plain

  ↑ クハ212-3 運転台付近の様子。