CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E331系

f:id:chibatrain:20181229201256j:plain

↑ 連接構造やDDMの検証のために1編成のみが製造されたE331系。

E331系は、E993系で開発された連接構造や直接駆動電動機(DDM)のメンテナンス性や量産時の課題を検証するために製造された量産先行車で、2006年に1編成のみ製造されました。

JRの保有する鉄道車両としては初の営業運転を行った連接車で、編成は7両の連接車体が2組の14両編成とされました。

各車両の全長は1・7・8・14号車が16m、他の車両は13m となり、、編成の全長は200mと 20m車10両分と同じ長さとされました。

車体は軽量ステンレス構造で、前車3扉、車体幅は E231系より39mm広く、床面は35mm低く、軸重軽減のため、各機器は7車体に分散配置され、主回路インバータはM車6両に搭載シングルアームパンタグラフは3号車・10号車のT車(500番台)に設置されました。

室内はロングシートで、両先頭車にはボックス配置に転換できる可変腰掛が付きました。

2007年3月18日のダイヤ改正より、いったん営業運転につきましたが、わずか数日の運用で離脱、その後一部の部品等の改良を行い、試運転を重ね、2008年12月下旬より再度営業運転を再開しました。

しばらくの間、土曜・休日ダイヤ限定で営業運転を行っていましたが、2011年10月の運用改定を機に運用を離脱(実際はその前から他車の代走の形で離脱)し、その後は営業運転に就くことはなく、2014年2月に廃車、解体となりました。 

f:id:chibatrain:20181229201259j:plain

 ↑ 実運用期間は4年間で、週末の限定した運用、休車の期間も長かった。

f:id:chibatrain:20181229201301j:plain

↑ 新習志野駅に停車するE331系。 

f:id:chibatrain:20181229201303j:plain

↑ 結局、通勤型連接車の量産化は行われず、E331系はわずか7年で廃車となりました。 

f:id:chibatrain:20181229201306j:plain

 車体はE231系同様の幅広で、前面のデザインは他の形式とは異なるものでした。

f:id:chibatrain:20181229201338j:plain

↑ 蘇我駅で折り返し運用を待つE331系。 

f:id:chibatrain:20181229201340j:plain

海浜幕張車両基地で行われたイベントで撮影。 

 

f:id:chibatrain:20181229201343j:plain

↑ 前面の様子。 

 

f:id:chibatrain:20181229201345j:plain

 ↑ クハE330-1(東京側先頭車)の様子。全長は16m。

f:id:chibatrain:20181229201348j:plain

↑ E331系特徴である連接台車。今となっては貴重な写真です。 

 

f:id:chibatrain:20181229201409j:plain

↑ 連接構造の中間車10両の全長は13m。 

 

f:id:chibatrain:20181229201412j:plain

 ↑ 当然、パンタグラフの下も連接構造です。

 

f:id:chibatrain:20181229201414j:plain

↑ 側面の様子。