CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 121系

f:id:chibatrain:20181229191830j:plain

 121系は1987年の予讃本線高松-坂出間・多度津ー観音寺間・土讃本線多度津―琴平間の電化開業に合わせ、2両編成19本(38両)が製造されました。

車体は205系や207系900番台に準じた軽量ステンレス車体で、側面は片側3扉の配置とされ、前面には貫通扉が設けられました。

車体の帯、新製時はピンクに近い赤色でしたが、JR四国発足後はコーポレートカラーの水色に変更されました。

台車や走行機器などは103系や101系などの廃車派生品が流用され、105系同様主電動機4基を永久直列とし、抵抗制御で力行と発電ブレーキを制御する方式となりました。

2011年以降、第1編成と第2編成がワンマン化改造され、帯が新製造時の赤色に戻った他、前面にスカート(排障器)も追加されました。

2016年以降、足回りや客室設備内外の大幅リニューアル工事が実施され、制御方式も抵抗制御からVVVFインバータ制御方式に変更されたことから、形式名は7200系となりました。

121系から7200系への改造は19本全編成に対して実施され、今後121系の形式名は消滅する予定となっています。

鉄道コレクションでは、第26弾でJR四国発足後に青帯に変更された仕様で、クモハ121-15+クハ120-15の編成が製品化されています。

f:id:chibatrain:20181229191836j:plain

 ↑ クモハ121-15

f:id:chibatrain:20181229191842j:plain

 ↑ クハ120-15

f:id:chibatrain:20181229191847j:plain

 ↑ クモハ121前面の様子。

f:id:chibatrain:20181229191853j:plain

 ↑ クモハ121 側面の様子 その1 

f:id:chibatrain:20181229191937j:plain

 ↑ クモハ121 側面の様子 その2 

f:id:chibatrain:20181229191939j:plain

 ↑ クモハ121 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20181229191942j:plain

 ↑ クハ120 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20181229191947j:plain

  ↑ クハ120 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20181229191950j:plain

  ↑ クハ120 屋根上の様子

f:id:chibatrain:20181229192015j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20181229192018j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子。

f:id:chibatrain:20181229192020j:plain

  ↑ クハ120 運転台付近の様子。