CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

阿武隈急行 8100系

f:id:chibatrain:20190112183219j:plain

↑ 阿武隈急行8100系は、1988年の全線電化開業に合わせ導入されました。

阿武隈急行8100系は、1988年の全線電化開業に合わせて導入された車両で、日本車輌製造で2両編成9本(18両)増備されました。

阿武隈急行線は、JR東北本線への直通運転を考慮し20,000V/50Hzの交流電化されたことから、8100系は1983年にJR九州で導入された713系をベースとした交流形電車として設計されました。

車体は713系に準じた片側2扉(1段ステップ付)の構造を基本とし、前位側の客用扉はワンマン運転を考慮して運転台直後に配置され片開きとなりました。

座席配置はセミクロスシートで、前後の客用扉間にボックスシートが配置されています。

走行機器については、主回路構成は713系に準じ制御方式はサイリスタ位相制御、制御回路は新幹線100系のものを基本に信頼性の高いものを使用しています。

ブレーキは空気ブレーキのみで発電ブレーキ回生ブレーキは装備していません。

編成は2両固定編成で、福島側が電動制御車のAM8100、槻木側が制御付随車のAT8100となり、1M1Tで編成を組んでいます。

8100系は、阿武隈線の全線で運用され、その一部が東北本線の槻木-仙台間を乗り入れていますが、新製後30が経過し老朽化の進行により車両の運行に支障をきたすようになっていて、JR東日本の713系の淘汰が進み同等の保守部品の確保が厳しくなってきたことから、2022年を目途に新型車両への置き換えが検討されています。

まずは新型車両は2018年度中に1編成が導入され、既存の8100系が配車され部品取り用となる予定です。

f:id:chibatrain:20190112183221j:plain

 ↑ JRを除く私鉄としては、導入当初は唯一の交流形電車でした。

f:id:chibatrain:20190112183223j:plain

↑ 713系をベースとした2両固定編成。

f:id:chibatrain:20190112183226j:plain

 ↑ 1M1Tの2両編成が基本。

f:id:chibatrain:20190112183228j:plain

 ↑ 槻木駅で折り返し運用を待つところを撮影。

f:id:chibatrain:20190112183259j:plain

 ↑ 前面のデザインはJR/国鉄形とは異なるオリジナル。

f:id:chibatrain:20190112183302j:plain 

 ↑ AM8100運転台付近の様子。

f:id:chibatrain:20190112183304j:plain

 ↑ AM8100側面の様子。

f:id:chibatrain:20190112183307j:plain

 ↑ AT8100側面の様子。

f:id:chibatrain:20190112183309j:plain

 ↑ 台車はボルスタレスです。

f:id:chibatrain:20190112183346j:plain

 ↑ パンタグラフ周辺の様子。

f:id:chibatrain:20190112183350j:plain

 ↑ 運転台の様子。 国鉄/JR形に似た雰囲気。

f:id:chibatrain:20190112183353j:plain

 ↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20190112183355j:plain

 ↑ 車内の様子 その2

f:id:chibatrain:20190112183357j:plain

 ↑ ボックスシートの様子。

f:id:chibatrain:20190112183414j:plain

 ↑ 2016年から運行されている「伊達なトレインプロジェクト」ラッピング車