CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道/南栗橋イベント その11

f:id:chibatrain:20190127134527j:plain

工場で車体の補修を受ける、特急「りょうもう」用の200系です。(250系かも知れませんが。)

この車両も、この後再塗装でピカピカの姿で出場するのでしょう。

ところで、東武鉄道では1981年の9000試作車と1983年の10000系登場により、軽量ステンレス車両など無塗装車の本格導入が開始されました。

しかしながら、優等列車用(特急型)車両は全て塗装車である他、まだ野田線やローカル地区を中心に数多く残る8000系や6050系なども普通鋼製車体の塗装車です。

鉄道車両の塗装は、バテ塗りやマスキングなど、非常にコストと手間のかかる作業で、鉄道会社としては少しでも減らしたいところのはず。

通勤型車両に関しては、あと10年くらいでほとんどの車両が無塗装車となるのでは。

特急型車両では、100系スペーシアだけでなく、最新型の500系リバティがアルミ車体ですが塗装を施しています。

特急型の場合、車両そのものが商品という考え方が強く見栄えも気にするので、

次期のフラッグシップとなる100系の後継車も塗装車になると思われます。

鉄道コレクション 東武鉄道9000系9101編成 増結5両セット

価格:5,670円
(2019/2/10 13:57時点)