CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

常磐線水戸地区 その2

f:id:chibatrain:20190204213947j:plain

E531系の横に並んだのは、特急形のE657系です。

現在常磐線の特急列車は全てこのE657系に統一され、速達型の特急「ひたち」、停車駅が多く利用客の細かな需要に対応した特急「ときわ」の2本立てで運用されています。

この「ひたち」と「ときわ」の関係は、国鉄時代の特急「ひたち」・急行「ときわ」の関係と似ていますが、異なるのは、かつての「ときわ」が急行であったこと。

子供の頃、自分は当時住んでいた柏から親の実家のあった平(現在は「いわき」)まで、1人で行っていましたが、当時は、特急よりは安くそれなりに速い急行「ときわ」をよく利用していました。

いまでも、「ときわ」といえば457系などを使用した交直流塗装の急行「ときわ」を連想します。