CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

小田急電鉄 50000形

f:id:chibatrain:20190430062217j:plain

↑ 50000形は小田急ロマンスカーフラグシップモデルとして2005年に登場しました。

50000形は、10000形の置き換え用として 2005年に3月に2編成が導入されました。

小田急電鉄フラグシップモデルとして位置づけられ、箱根への観光輸送に特化した仕様とされ、箱根の魅力向上と活性化・小田急ロマンスカーブランドの復権などを導入の目的とされました。

10000形以来のロマンスカー伝統の展望席と連接構造車両となりましたが、先頭形状・塗色とも一新され、1編成あたりの車両数も 10両と従来より1両少なくなっています。

車体はアルミダブルスキン構造ですが、先頭部分のみシングルスキンで、編成は5車体づつ対象構成で、3・8号車にカフェ・便洗面所・喫煙室などを集中配置しています。

制御装置は IGBT素子2レベル VVVFインバータ制御で1台で4個の電動機の制御を行う方式(1C4M)となり、主電動機は 135kWのかご形三相誘導電動機を搭載ブレーキ制御は回生併用の電気指令式となっています。

注目の連接台車は空気ばね位置を高くし、ばね高さ調整式車体傾斜を導入、台車を曲線方向に向けるため、車体・台車に操舵制御用ダンパを設置、先頭台車のフルアクティブダンパで展望室の左右振動を抑えています。

室内は 2.55mの高さでドーム型とし、4mに及ぶ連続窓を設けるなど、これまでの車両にない高い居住性空間の確保できるように設計されています。

50000は、「VSE」(Vault Super Express)の愛称が与えられたが、これは居住空間改善のためドーム上の高い天井としたことから、「Vault = ドーム状の天井」の意味込められています。 

f:id:chibatrain:20190430062220j:plain

 ↑ 箱根登山鉄道から小田原駅に到着する50000形

f:id:chibatrain:20190430062221j:plain

 ↑ 相模大野駅を通過する50000形

f:id:chibatrain:20190430062224j:plain

 ↑ 2012年1月に撮影。「2012年 New Year」のマークを付けていました。 

f:id:chibatrain:20190430062226j:plain

 ↑ 先頭部展望座席付近の様子 その1

f:id:chibatrain:20190430062301j:plain

 ↑ 先頭部展望座席付近の様子 その2

f:id:chibatrain:20190430062304j:plain

 ↑ 先頭部展望座席付近の様子 その3

f:id:chibatrain:20190430062306j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190430062308j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190430062310j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190430062330j:plain

 ↑ パンタフラフの様子

f:id:chibatrain:20190430062332j:plain

 ↑ 連接台車の様子。