CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 キハ127系

f:id:chibatrain:20190606114515j:plain

JR西日本キハ127系は、姫新線の輸送改善工事に合わせて 2008年に2両編成6本が製造されました。

車体は 20m級オールステンレス製で片運転台のため、基本的にトイレ付きの0番台車とトイレなしの 1000番台で2両編成で運用されています。
なお、同様の仕様で両運転台車も同時期に7両導入されましたが、こちらはキハ122 系として形式が区別されています。

走行機関はコモンレール燃料噴射システムと1気筒当たりの吸排気バルブの総数を4つとした4バルブ方式を採用した、過給機及び吸気冷却装置付きコマツ製 SA6D140HE-2(450ps)を1台搭載。

台車は円錐積層ゴム式軸箱支持方式を採用したボススタレス台車を履いています。

鉄道コレクションでは、第28弾で キハ127-2 + キハ127-1002 の編成が製品化されました。 

f:id:chibatrain:20190606114518j:plain

 ↑ キハ127-2

f:id:chibatrain:20190606114519j:plain

 ↑ キハ127-1002

f:id:chibatrain:20190606114521j:plain

 ↑ キハ127-2前面の様子。

f:id:chibatrain:20190606114523j:plain

 ↑ キハ127-2 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190606114556j:plain

 ↑ キハ127-2 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190606114558j:plain

 ↑ キハ127-2 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190606114600j:plain

 ↑ キハ127-1002 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190606114602j:plain

 ↑ キハ127-1002 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190606114604j:plain

 ↑ キハ127-1002 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190606114628j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20190606114630j:plain

↑ 屋根上の様子

f:id:chibatrain:20190606114632j:plain

 ↑ キハ127-1002 運転席付近の様子。