CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京メトロ 08系

f:id:chibatrain:20190623120210j:plain

 ↑ 半蔵門線向けの増備車として2003年に登場した08系。

東京メトロ08系は、2003年3月の半蔵門線水天宮前駅-押上間の開業及び東武鉄道線との相互直通運転開始に伴う増備車で、10編成6本(60両)が日本車輌製造で製造されました。

営団地下鉄から東京メトロに移行する前に導入された、営団地下鉄としては最後の新系列車両となりました。

2003年3月に発生した日比谷線での脱線衝突事故を踏まえ、車体構造の見直し・安全性の向上を目的に新設計した台車の採用などが図られ、同時期に製造された東西線用の05N系をベースとして開発されました。

車体はアルミニウムの無塗装に半蔵門線のラインカラーを配したものですが、側構体をシングルスキン構造からダブルスキン構造(セミダブルスキン構造)に変更する等、車体強度の向上が図られ、車体外板接合の一部では摩擦攪拌接合FSW)が採用されましyた。

前面デザインは8000系のイメージを残しつつ、全体的には05N系をベースにデザインされました。

車内はオールロングシートで、清潔感のある白を基調に座席モケットを江戸紫をイメージした濃い紫とし、床材はラベンダー色とされました。

制御方式はIGBT素子によるVVVFインバータ制御で、主電動機はかご形三相誘導電動機を搭載、編成のMT比率は5M5T、乗り入れ先の速度性能を向上させるために、設計最高速度は 120km/h とされました。

パンタぐラグは剛体架線に対応したシングルアーム式とされ、台車は日本車輌製造製のモノリンク式ボルスタレス台車を履いています。

08系は、全車が鷺沼車両基地に配置され、8000系と共通運用で半蔵門線及び東急田園都市線東武伊勢崎線日光線との相互直通運転で使用されています。

f:id:chibatrain:20190623120213j:plain
↑ 東武線内に乗り入れ急行で運用される08系。

f:id:chibatrain:20190623120215j:plain

 ↑ 東急田園都市線へ直通し、中央林間駅を目指す08系。

f:id:chibatrain:20190623120217j:plain

 ↑ わずか6本(60両)の在籍となります。

f:id:chibatrain:20190623120219j:plain

 ↑ 同時期に製造された東西線用の05N系との共通点は多い。 

f:id:chibatrain:20190623120335j:plain

 ↑ 前面デザインも05N系に似ています。

f:id:chibatrain:20190623120337j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20190623120340j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20190623120342j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20190623120344j:plain

↑ シングルアーム式のパンタグラフは剛体架線対応です。 

f:id:chibatrain:20190623120458j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20190623120501j:plain

 ↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20190623120503j:plain

 ↑ 車内の様子 その2

f:id:chibatrain:20190623120505j:plain

 ↑ 座席のモケットは濃い紫です。

f:id:chibatrain:20190623120506j:plain

 ↑ 乗降用ドアの上には案内用のディスプレイが設置されています。