CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東京急行電鉄

f:id:chibatrain:20190629174000j:plain

東京急行電鉄(東急)は、東京都南西部から神奈川県東部にかけて、鉄道路線 99.9km(東横線目黒線田園都市線大井町線との並行部分をそれぞれ計上した数値)、及び軌道線 5.0km の計 104.9km を運営しています。

沿線に観光地を抱え特急列車を走らせる東武鉄道小田急電鉄などと異なり、東京近郊の通勤通学や生活路線が中心であり、保有する車両もほとんどが通勤形車両です。

2018年3月から1田園都市線で運用を開始した 2020系は、2018年度までに9本が導入されましたが、2019年度は更に6本が導入予定となっており、8500系の置き換えも進むものと思われます。

一方、目黒線では 2020系をベースとした新型車両「3020系」が3本が導入され、2019年秋ごろから運用を開始しています。

目黒線については、2022年度下期に相鉄線との総合直通運転開始を予定されていますが、これにに合わせて、2022年度上期から既存車両の8両編成化(現在は6両編成)が実施される予定です。

2020系以降(2018年~)

f:id:chibatrain:20190629174002j:plain

田園都市線で増備が続く 2020系は、2019年度には6本が増備され 15本体制になる予定です。

目黒線へ導入される 3020系は、2019年度は6両編成3本が導入されますが、同線の8両編成化に伴い、2022年上期には更に2両が増結され8両編成化される予定です。

5000系以降(2002年~)

f:id:chibatrain:20181209204614j:plain

2018年度は、池上線・東急多摩川線向けの 7000系3両編成6本が増備され、同線の旧型車( 7700系)の置き換えが全て完了しました。

2020年以降、目黒線の列車の8両編成化が実施されますが、同線で運用される 5080系は製造からすでに16年以上が経過しており、単純に 2020系規格の中間車2両を新製して増結するのか、他線への転用や編成替えにより8両編成を組成するのか、具体的な動きはまだ分かりません。

その他

f:id:chibatrain:20190629174005j:plain

2018年以降始まった 2020系による 8500系の置き換えは、2019年度以降も継続して行われる予定で、今後田園都市線8500系がいつまで残るかが注目されるところです。

目黒線の8両編成化については、同線を走る 3000系もその対象となっていて、5080系同様、どのような形で8両編成化が行われるのかが注目されます。

引退車両

f:id:chibatrain:20190629192417j:plain

2018年に引退した 7700系などを掲載ます。