CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東急田園都市線 その6

f:id:chibatrain:20190623174225j:plain

東急8500系です。

自分が子供の頃は、この車両が東急の顔で、東急と言えばこの車両を連想するほどの存在でした。

当時は、現在の田園都市線の渋谷〜二子玉川駅からまでの区間は「新玉川線」と呼ばれて、その先の営団地下鉄半蔵門線はまだ渋谷駅〜青山一丁目駅までの2.1km区間しか開業していませんでした。

営団地下鉄半蔵門線用の車両を所有しておらず、東急8500系のみで運用されていました。

8500系は、地下区間となる新玉川線ように作られた車両です。

もとは、1969年に登場した8000系ですが、その後決まった半蔵門線との共通の車両規格に合致させる為にマイナーチェンジを図り、新たに1975年から導入が開始されたのが、8500系です。