CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

ディーゼル機関車(臨海鉄道)

f:id:chibatrain:20190714204901j:plain

かつては日本の物流は鉄道が中心でしたが、トラックなどの発達により鉄道の貨物輸送は衰退の一途をたどり、現在はコンテナ輸送が中心となっています。
多くの企業の工場などに敷設されていた専用線も次々と廃止になり、現在一部で残っているにすぎません。
1960年から1970年前半にかけて各地に建設された臨海鉄道においても同様で、広大な操車場やヤードを保有していながら、貨物列車の姿は少なく、1日数本程度しか運転されない路線も少なくありません。
ここでは、管理者の地元である京葉臨海鉄道や、その他遠征の際に撮った民間私鉄の機関車を順次掲載します。

京葉臨海鉄道

f:id:chibatrain:20170326094048j:plain

蘇我駅を起点として、千葉~市原~袖ヶ浦の湾岸に広がる京葉臨海工業地域に沿って来北袖までの19.9kmの臨海本線と、市原分岐点-京葉市原駅1.6km、北袖分岐点-京葉久保田駅(2.3km)の路線を保有し、コンテナ貨物や石油製品の輸送などが行われています。

神奈川臨海鉄道

f:id:chibatrain:20180915143825j:plain

川崎市横浜市の臨海部に路線を持つ臨海鉄道です。

川崎市では、川崎貨物駅を拠点として、千鳥線(川崎貨物駅千鳥町駅:4.2km)、浮島線(川崎貨物駅浮島町駅:3.9km)を保有し、化成品・石油製品などの車扱貨物を中心に取り扱っています。

なお、水江線(川崎貨物-水江町駅:2.6km)では、現在定期列車として運用されているのは錆取り用として運用される単機1往復のみで、実質的な貨物輸送は殆どありません。

横浜市では、根岸線根岸駅本牧埠頭駅:5.6km)を保有し、20フィート・40フィートの海上コンテナを含むコンテナ扱い貨物を輸送しています。

名古屋臨海鉄道

f:id:chibatrain:20180930193856j:plain

名古屋港東地域に5路線(20.5km)を保有する臨海鉄道で石灰石輸送や合成会社からの化学製品輸送、名鉄の新車搬入などを行っています。

2006年から開始された、名古屋南貨物駅盛岡貨物ターミナル駅間を結ぶトヨタ自自動車部品輸送専用列車「TOYOTA LONGPASS EXPRESS」は現在注目されている貨物列車の一つで、現在2往復が運行されています。

仙台臨海鉄道

f:id:chibatrain:20190112190957j:plain

仙台臨海鉄道は、東北本線陸前山王駅仙台港駅を経由して仙台北港線を結ぶ臨海本線と、仙台港駅から仙台埠頭駅・仙台西港駅にそれぞれ伸びる3路線を運営し、コンテナ貨物やレール・石油・化成品などを輸送しています。

陸前山王駅仙台港駅間には1日13往復(単機回送含む)が設定されていて、その都度陸前山王駅構内のヤードに機関車が顔を出しています。

福島臨海鉄道

f:id:chibatrain:20171126210829j:plain

福島県いわき市常磐線泉駅と小名浜駅を結ぶ4.8kmの貨物専用線を運営し、現在は亜鉛鉱石の専用列車1往復とコンテナ貨物列車1往復が運用されています。

鹿島臨海鉄道

f:id:chibatrain:20170129114552j:plain

茨城県鹿島市鹿島サッカースタジアム駅神栖市の奥野浜駅を結ぶ19.2kmの貨物専用線(鹿島臨港線)を保有し、鹿島工業地帯への原料・生産品輸送などを行っています。

1978年から1983かつては旅客輸送も行っていましたが、現在は貨物専用線となっています。

このうち実際に運用の中心となっているのは鹿島サッカースタジアム駅-神栖駅で、1日2往復の高速貨物列車が設定されています。