CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東急田園都市線 その15

f:id:chibatrain:20190707180802j:plain

中央林間駅で見かけた、東武30000系です。

ここを走るのは2編成のみで、運用範囲もかなり広いので、運が良くなければ見かけることはできません。

半蔵門線田園都市線を走る分割編成は30000系だけなので、そういった意味でもレアな存在です。

30000系は、元々半蔵門線田園都市線乗り入れ用に設計された車両で、6両編成と4両編成がそれぞれ15本が導入されました。

半蔵門線田園都市線へは、6両+4両の10両編成で乗り入れますが、これだと併結する中間の運転室がデッドスペースとなりラッシュ時の混雑緩和の妨げとなっていたことから、30000系は6両編成・4両編成それぞれ2本ずつを残し、残りは10両固定編成の50050系と置き換えられました。

半蔵門線用に2本を残した理由は、足利フラワーパークや日光などへの団体・臨時列車やイベント列車の運行の為だそうですが、ここしばらくはそのような列車は運行されておらず、30000系2本をそのまま残す積極的な理由ななくなりつつあるようです。

とはいえ、現時点では、わざわざ10両固定編成を2本増備して30000系を置き換える必要性もありませんので、当面はこのまま2本とも半蔵門線田園都市線直通用として使用され続けるものと思われます。