CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

川越線/八高線 その1

f:id:chibatrain:20190804101258j:plain

タイトルとは関係ない写真が掲載されていますが、あまり気にせずにお願いします。

この日の撮る目的は、川越線のE231系や209系で、写真は大宮駅で乗り換える際に撮ったもので。中央・総武緩行線運用されていたE231系の中間車です。

中央・総武緩行線では、既存のE231系や209系500番台を山手線から転入したE231系500番台に置き換え、これらの捻出された車両を武蔵野線や川越・八高線用に再転用しています。

中央・総武緩行線では10両編成で運用されていたのに対して、武蔵野線では8両編成、川越・八高線では4両編成での運用の為、余剰となる中間車は全て廃車となっているようです。

E231系500番台を山手線に導入し大量の205系を首都圏の各路線に転用させたときは、短編成化による先導車不足を補う為に、中間車の先頭車改造が多く行われましたが、最近ではそのようなことは行われず、転用時に短編成化を行うときは、単純に中間車を廃車するケースが殆どです。

最近の車両は製造コストが安くなったのか、廃車された車両の中には車歴10年程度のものも少なくありませんね。

209系が京浜東北線から房総ローカル用に転用させたときも、205系メルヘンが京葉線から日光・宇都宮線用に転用されたときも、同様に余剰の中間車が廃車されました。