CHIBA TRAIN NET

コロナ禍の影響で、撮り鉄は自粛、当面は鉄道模型の記事が中心となります。

川越線/八高線 その5

f:id:chibatrain:20190804101319j:plain

E231系と合わせて、209系500番台(3500番台)と転用した川越線八高線ですが、今回は209系で209系を置き換えたような形にもなっています。

転用された209系500番台は、まるで新車であるかのようにピカピカの状態で走っていました。

一方、置き換えられた209系3000番台の一部はまだ廃車とならずに疎開留置中とのこと。

某有力情報サイトでも、今後の処遇は不明とあり、ネット上では様々な噂や予想が出ています。

JR東日本が早く淘汰したかったのは、非VVVFの205系だと思いますが、それは一応達成しています。

209系3000番台は、4本編成3本が桐生や宇都宮で疎開留置中とのことですが、素人予想としては、今後他に転用できそうなところは、訓練車とか事業用車ぐらいで、他に思いつかないですね。

日光・宇都宮線南武支線鶴見線にもまだ205系は残っていますが、今更コストをかけて余剰の209系を転用するとは思えませんし、南武支線鶴見線には別の動きもありますよね。

209系といえば、中央快速線用に転用された、元常磐緩行線用の1000番台2本もありますが、こちらは既存の233系と比べて性能差があまりにも大き過ぎて、扱いにくいようです。

こちらも、その後の転用先は思い当たらないので、地方私鉄でも買い取らない限りは、用済みになったらすぐに廃車でしょうね。

現在209系の最大の活躍場所となる房総地区2000番台・2100番台についてもいろいろな置き換えの噂があります。

この車両については、毎日通勤などで乗っていますが、確かに車体のあちこちに痛みも見受けられ、老朽化も進んでいるようです。

いずれにしても、209系の動きは、今後も目が離せないです。