CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

新京成電鉄 その4

f:id:chibatrain:20190825171317j:plain

新京成電鉄8900形です。

1993年に登場しました。

従来、新京成電鉄ではオリジナル設計の車両の導入にこだわってきました。8900形では、導入コストを意識したのか、京成電鉄3700形をベースに設計されましたが、車体デザインは勿論、それ以外でも独自の仕様も多くあります。

その一つが幅1500mmのワイドドアで、更にJRではほぼ標準となったボルスタレス台車を履いているのも、新京成の電車では唯一となっています。

ボルスタレス台車については、京浜急行電鉄が自社線内での運用を認めていない為、直通運転を前提とした京成電鉄の車両でも全く採用されていません。

ボルスタレス台車については、賛否の意見をそれぞれあり、議論の分かれるところですが、京浜急行に乗り入れないスカイライナー用AE車では、ボルスタレス台車採用されており、京成電鉄自身はボルスタレス台車に対してあまりこだわりなないようです。

新京成電鉄も同様だと思いますが、8900形の後継である N800形京成電鉄3000形と同一設計となり、今年度から導入される新型車両も同様です。

ボルスタレス台車のを履いた車両は、8900形が最初で最後になると思われます。