CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

会津~北陸遠征 その2

f:id:chibatrain:20190908210114j:plain

18切符の旅行者にとって難所となるのが、東北本線の黒磯-新白河間。

2017年10月以降、下りでは黒磯駅から郡山方面に向かう列車が新白河駅で分断され、乗り換えを余儀なくされました。

黒磯駅から先に直流と交流のデッドセクションがある関係で、ここを走る列車は、常磐線用のE531系の付属編成(5両編成)や磐越東線用のキハ110系も2両編成が使用されています。

新しい運用体制になってから、何度かこの区間を利用していますが、キハ110系の列車に乗ったのは今回が初めてでした。

単線非電化のローカル線ではお馴染みのキハ110系ですが、そのイメージが強すぎる為か、電化され軌道がしっかり整備された複線区間のみを2両編成で走行するのには、多少違和感を覚えました。