CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E531系

f:id:chibatrain:20191109161255j:plain

 ↑ 老朽車の置き換えと競合する「つくばエクスプレス」への対抗用として導入されたE531系。

E531系は、常磐線水戸線で運用されていたの 403系・415系老朽化置き換え用として 2005年7月のダイヤ改正で登場しました。

E231系をベースにしながらも、取手以上が交流電化(50Hz)となる常磐線等で運用されることから交直流電車となりましたが、交直流に関わる以外の仕様についても、一部で改良が新機能追加などが行われ、その多くが後に登場する E233系にも受け継がれました。

また、常磐線とは競合関係となるつくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)が2005年に開業し、全線 130km/h の高速運転によるサービスを開始したことから、E531系においても、最高速度 130km/h 運転が可能な車両として設計されました。(JR東日本の一般型車両としては初めて)

車体は、E231系ベースの軽量ステンレス4扉車ですが、最高速度の向上に伴い、衝撃吸収構造を強化しています。

台車枠の構造を見直し、床面高さを E231系より 35mm 下げて客室床面とホームとの段差を少なくし、暖色系でまとめられた車内も、つり革の高さや腰掛の座席幅拡大・座布団の厚みの変更などが行われ、乗り心地向上が図られています。

片側4か所の両開き式の自動ドアには、常磐快速線成田線用の E231系と同一方式となるドア挟み安全装置付きリニアモーター式ドアエンジンが装備され、ドアスイッチも併設されました。

ドア付近のバリアフリー対策として、視覚障害者への配慮のため、ドアの先端部の車内側には黄色のテープが高さいっぱいまで貼られ、床には黄色い滑り止めも兼ねた点字ブロックが配置されましたが、これらはJR東日本としては初めての採用となりました。

主要機器等については、E231系近郊タイプの基本設計を基に、上記の高速運用に対応することから、制御・駆動系は特急形電車E653系に準じたものとなりました。

交直流電車の要となる主変換装置は、IGBT素子による2レベルコンバータ+2レベルインバータで構成されたものを搭載し、直流区間では主変換装置のインバータ部分のみを駆動させ、三相交流を主電動機に出力しています。

主電動機は かご形三相誘導電動機 MT75形(1時間定格出力)を搭載、パンタグラフシングルアーム式 PS37A形、台車は E653系などの特急形車両用台車を基本とした軸梁式ボルスタレス台車を採用し、台車にはヨーダンパが設置されています。

ブレーキ装置は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキで、全電気ブレーキ機能を有する他、抑速ブレーキの装備しています。

編成は、基本編成が 4M6Tの 10両に勝田側に付属編成 2M3Tの5両が連結され、最大15両編成で運用されます。

座席は、基本両端2両ずつと付属は勝田側3両がセミクロスで、その他はロングシートとなっています。

2005年の登場時は、モノクラス編成のみで運転を開始しましたが、2007年3月のダイヤ改正に合わせ、他線区で好調なグリーン車も導入され、2階立てのグリーン車が基本編成の上野側4両・5両目に連結されるようになりました。

2007年3月のダイヤ改正では、常盤線上野口から 403系・415系・及び E501系はその姿を消し、すべての中距離電車E531系に統一されました。

2015年10月には常磐線水戸地区で運用されていた 415系1500番台を置き換え用として6次車に相当する付属編成5両×5編成増備されましたが、このグループでは全ての車両が耐寒耐雪仕様となったため、3000番台車となり、従来車と区別されています。

また2017年10月のダイヤ改正では、東北本線黒磯駅での交直流切替の車上切換への移行(2018年1月実施)への対応用として、3000番台付属編成による、黒磯駅新白河駅間(一部は白河駅まで)のローカル輸送での運用も開始されました。

f:id:chibatrain:20191109161259j:plain

 ↑ 常磐線中距離列車のラインカラーとして、従来車に合わせて、帯の色は青色となってます。

f:id:chibatrain:20191109161303j:plain

 ↑ 常磐線上野口の中距離電車はすべてE531系に統一されています。

f:id:chibatrain:20191109161306j:plain

 ↑ 水戸地区のローカル運用では、3000番台を含み付属編成の単独運用が行われています。

f:id:chibatrain:20191109161310j:plain

 ↑ デビュー当初の基本編成。まだグリーン車は連結されていませんでした。

f:id:chibatrain:20191109161315j:plain

 ↑ 前面、運転台付近の様子

f:id:chibatrain:20191109161319j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20191109161322j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20191109161325j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20191109161329j:plain

 ↑ 側面の様子 その4 パンタグラフ付近

f:id:chibatrain:20191109161332j:plain

 ↑ 交直流電車ということもあり、屋根上パンタグラフ付近は賑やかです。

f:id:chibatrain:20191109161335j:plain

 ↑ 台車はヨーダンパ付きの軸梁式ボルスタレス台車です。

f:id:chibatrain:20191109161340j:plain

↑ グリーン車(サロE530)

f:id:chibatrain:20191109161344j:plain

 ↑ グリーン車(サロE531)

f:id:chibatrain:20191109161348j:plain

 ↑ 車内の様子(セミクロスシート

f:id:chibatrain:20191109161353j:plain

 ↑ 車内の様子(ロングシート

f:id:chibatrain:20191109161356j:plain

 ↑ ボックスシートの様子

f:id:chibatrain:20191109161401j:plain

 ↑ グリーン車の車内(2階部分)

f:id:chibatrain:20191109161405j:plain

 ↑ グリーン車の車内(1階部分)

f:id:chibatrain:20191109161409j:plain

 ↑ グリーン車の座席の様子。