CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 キハE200系

f:id:chibatrain:20191123153648j:plain

キハ E200形は、JR東日本が2007年に導入した世界初となるハイブリッド式を採用した気動車で、3両が小梅線に導入されました。

キハE200形で採用されたハイブリッド式は「シリーズハイブリッド」」と呼ばれる方式で、発電用として搭載されたディーゼルエンジンリチウムイオン電池の組み合わせにより動力用の電源を主電動機に供給し、車輪の駆動としてはかご形三相誘導電動機を使用しています。

車体はキハE130系同様の軽量ステンレス構体の拡幅車体で片側2扉の両運転台車となり、前面は E231系同様に側面からの衝撃に対する安全策が図られています。

台車は E531系で使用されているものをベースに設計された軸梁式ボルスタレス台車を履いています。

車両の床下にはエンジン発電機・エンジンラジエーター・制御用蓄電池箱・ブレーキ制御装置を搭載し、屋根上には集中式冷房装置を挟んで前位に主回路用蓄電池を2個、後位に元空気だめの一部を搭載しています。

鉄道コレクションでは、第28弾でキハE230-3 が製品化されています。

f:id:chibatrain:20191123153652j:plain

 ↑ キハE230-3

f:id:chibatrain:20191123153655j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20191123153700j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20191123153705j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20191123153708j:plain

 ↑ 屋根上の様子 その1

f:id:chibatrain:20191123153713j:plain

 ↑ 屋根上の様子 その2

f:id:chibatrain:20191123153717j:plain

 ↑ 台車の様子。

f:id:chibatrain:20191123153720j:plain

 ↑ 反対側運転台付近の様子。