CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

E233系 2000番台 常磐緩行線

f:id:chibatrain:20191215185405j:plain

↑ 2000番台車は、2009年に登場、現在までに190両が増備されました。

E233系2000番台は、常磐緩行線207系・209系900番台の老朽化に伴う置き換え用として、2009年5月に 10両編成×1編成が営業運転を開始、翌 2010年から 2011年の間に  10両編成17本が投入されました。

2017年には3月には更に1編成が追加され、190両全車が松戸電車区の所属となっています。

E233系0番台車をベースとしながらも、地下鉄千代田線乗り入れに対応するため、車体はストレートとなり、側扉ピッチは従来車より 120mm 狭くなっています。

先頭部の衝撃吸収構造は採用されず、通常の前面強化構造とされ、向かって左前面に非常用扉が設けられました。

制御装置をはじめとした走行機器類は基本番台・1000番台に準じており、保安装置は新製当初は ATC-10型(東京地下鉄呼称:新 CS-ATC)と ATS-SN 装置の2種類を搭載しましたが、2013年以降は小田急線用の無線・保安装置(D-ATS-P)搭載の工事が順次実施されました。

車両性能は乗り入れ協定の関係から、起動加速度 3.3km/h/s、減速度 4.7km/h/s と高めに確保されています

ドアエンジンは、0番台・1000番台のスクリュー軸駆動式ではなく、3000番台・5000番台同様のリニアモーター駆動方式となっています。

現在の運用範囲は取手駅北綾瀬駅綾瀬駅代々木上原駅伊勢原駅常磐緩行線~千代田線~小田急線の直通運転を行っています。

f:id:chibatrain:20170108115105j:plain

 ↑ 地下鉄乗り入れ対応のためストレート車体が採用されています。

f:id:chibatrain:20170108115106j:plain

 ↑ 前面の貫通扉も地下鉄仕様によるもので、E233系としては唯一です。

f:id:chibatrain:20170108115107j:plain

↑ 現在は、常磐緩行線向けのJR東日本の車両は全て2000番台に統一されています。 

f:id:chibatrain:20191215185409j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20191215185413j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20191215185417j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20191215185421j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20191215185424j:plain

 ↑ 側面の様子 その4

f:id:chibatrain:20191215185427j:plain

 ↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20191215185431j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20191215185434j:plain

 ↑ 車内の様子 その1

f:id:chibatrain:20191215185437j:plain

 ↑ 車内の様子 その2

f:id:chibatrain:20191215185441j:plain

 ↑ 座席は他のE233系と同じタイプ

f:id:chibatrain:20191215185444j:plain

 ↑ 乗客用扉を内側から見た様子。