CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

JR東日本 255系

 

higasif:id:chibatrain:20191217113120j:plain

↑ 255系は老朽化していた183系・189系の置き換え用として製造されました。

255系は、当時老朽化が進んでいた183系の代替・および道路事情の整備が進む房総方面への鉄道のイメージアップを図るため、1993年にデビューしました。
車体はすでにデビューを果たしていた 253系をべ―スとして設計され同一の断面となっていますが、前面は非貫通で大型窓を配置、ワイパーカバー下に前照灯と尾灯を同列に配置したデザインとなりました。

側面の乗降用扉はクハ255 を除き片側1か所の配置で、塗装は白をベースに下半分を濃い青、車体端・乗降扉付近に黄色を配したものとなりました。

この色に組み合せは、その後登場した E257系500番台や千葉地区ローカル輸送用の 211系や 209系にも引き継がれました。

走行のシステム系は 209系 910番台で導入されたものをベースとして設計され、制御方式はJR東日本の特急形車両としては初となる VVVFインバータ制御が採用されました。

車内の座席は普通車でシートピッチ 970mm、グリーン車で 1,160mmとされ、グリーン車は4列配置となりました。(房総特急では、グリーン車の連結は 255系のみ。)

編成は4M5Tの9両固定で、グリーン車は東京側4号車に連結されています。

255系は、1993年7月のダイヤ改正では、第1次車2本、翌年に第2次車3本が導入されましたが、その後の老朽車置き換えは長野新幹線開業等で捻出された183・189系で行われたため、255系のその後の増備はありませんでした。
1993年のデビュー以降、一貫して内房・外房方面の「さざなみ」「わかしお」用として運用されてきましたが、2006年12月のダイヤ改正以降は銚子方面に走る「しおさい」を中心に使用されています。

 2014年から 2016年にかけて主要機器の更新が行われ、VVVFインバータ制御装置がGTOサイリスタ素子から IGBT素子に変更され、補助電源装置(SIV)や保安装置(ATS)も最新のものに交換されました。

f:id:chibatrain:20191217113124j:plain

 ↑ 現在は総武本線の特急「しおさい」を中心に運用されています。

f:id:chibatrain:20191217113128j:plain

↑ 車体は253系をベースとして設計されましたが、前面は非貫通で253系とは異なるデザインです。

f:id:chibatrain:20191217113131j:plain

 ↑ 京葉線内で走行中の255系。

f:id:chibatrain:20191217113135j:plain

 ↑ 当初は外房線特急「わかしお」や内房線特急「さざなみ」を中心に運用されていました。

f:id:chibatrain:20191217113139j:plain

 ↑ 錦糸町駅で停車中の255系特急「しおさい

f:id:chibatrain:20191217113143j:plain

 ↑ 前面の様子。

f:id:chibatrain:20191217113146j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20191217113150j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20191217113154j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20191217113158j:plain

 ↑ パンタグラフは現在も菱形タイプを使用。

f:id:chibatrain:20191217113202j:plain

 ↑ 台車の様子。