CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

碓氷峠鉄道文化むら その5

f:id:chibatrain:20191222181724j:plain

信越本線用の本務機として長年活躍してEF62 号機です。

横川-軽井沢間の最大急勾配 66.7‰ という難所を粘着運転でクリアするという点では、EF 63と共通していますが、あくまで強固な規格で作られた碓氷峠区間専用の補助機関車として開発され、特殊装備を施した重量級のEF63 (軸重 18t 総重量 108t)に対して、EF62 は碓氷峠以外の通常の幹線規格路線を含めた、信越本線の直通運用行う機関車とされた為、設計の際には特段の軽量化が配慮されました。

EF62 の特徴の1つとして、国鉄の1960年代以降に開発された電気機関車としては異例となる3軸ボギー台車の採用がありますが、これは軽量化と自重移動の抑制を図り、通常の幹線規格の制約条件となる軸重 16t をクリアするのかその目的とされました。