CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

常磐線でプチ活動 その1

f:id:chibatrain:20200126124020j:plain

この日は、天気はイマイチだったのですが、常磐線我孫子駅に行きました。

目的は、E233系2000盤台と東京メトロ16000系常磐線〜千代田線の運用車両。

我孫子駅に到着後、早速お目当てのE233系とご対面です。

E233系といえば、E231系とともに首都圏のJR東日本の多数の路線て見かけることができる標準車です。

各地を走るE233系はどれも同じような車体で、外観もラインカラーを除けばどれも同じようなデザインの車両ばかりですが、この2000盤台は例外です。

直通先の千代田線に幅広車体が入れないことから、車体がストレートタイプとなり、前面に貫通扉が設けられたことから、外観のデザインは他の233系とは大きくことなります。

車内も当然横方向が狭く、幅広車体に乗り慣れている人にとっては、最初は圧迫感があり狭く感じると思います。

しかしながら、考えて見れば車体の横幅は自分が子供の頃慣れ親しんだ103系や今も自分の地元千葉で運用中の 209系もストレートタイプですし、圧迫感は慣れの問題です。