CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄コレ】 小田急電鉄 2200形(新)

f:id:chibatrain:20200202132335j:plain

2200形は 1954年に登場し、1957年までに2連8本(計 16両)が製造された、小田急電鉄の通勤型車両です。
直角カルダン駆動方式やアルストーム台車・電磁直通ブレーキを装備し、2両の電動車でユニットを組み機器の集約化を図るなど、当時としては先端の技術をいち早く採用した電車でした。
先頭車の正面は傾斜のない2枚窓非貫通式で、なんとなく可愛らしい動物の印象があることから、当時は「ネコ」の愛称で親しまれたそうです。
なお、上記のほか、1959年に1編成が増備されましたが、この増備車のみは、運転台正面が 2220形と同様に3枚窓貫通型となりました。
塗装は、新造時から当時の特急色であった濃い黄色と濃い青のツートンで、以降この塗装は 2600形に至るまでの小田急一般車の標準色となりました。
( 2200形 も後期には新しい小田急標準色に変更されています。)
廃車は、1982年から 1984年までに行われましたが、廃車後、2211-2212編成が富士急に売却されています。
鉄コレでは、第3弾でデハ2213(M)・デハ2214(M’)の後期型2両がモデル化されました。
塗装は、後期に変更されたの小田急鋼製車標準塗色である、アイボリー・窓下帯ブルーとなっています。

f:id:chibatrain:20200202132338j:plain

 ↑ デハ2213

f:id:chibatrain:20200202132342j:plain

 ↑ デハ2214

f:id:chibatrain:20200202132345j:plain

 ↑ デハ2213 前面の様子

f:id:chibatrain:20200202132349j:plain

 ↑ デハ2213 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200202132352j:plain

 ↑ デハ2213 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200202132356j:plain

 ↑ デハ2213 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200202132359j:plain

 ↑ デハ2214 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200202132403j:plain

 ↑ デハ2214 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200202132407j:plain

 ↑ デハ2214 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200202132412j:plain

 ↑ パンタグラフ付近の様子

f:id:chibatrain:20200202132415j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200202132420j:plain

 ↑ デハ2214 運転台付近の様子