CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

富山地方鉄道 9000形

f:id:chibatrain:20200216074637j:plain

↑ 富山都心線(環状線)で運用されている9000形

富山地方鉄道 9000形は、富山都心線(環状線)の開業に合わせ、2009年に3編成が導入された車両で、同年12月23日から営業運転に入りました。

富山ライトレールとの直通運転を考慮して導入されたため、同鉄道の TLR0600形と塗装以外がほぼ同じ仕様とされ、ドイツの車両メーカーが開発したブレーメン形超低床電車のライセンス導入です。

そのため、2010年以降 7000形の置き換え用として導入されている T100形(サントラム)が3連接車両であるのに対して、9000形では2車体連接低床式と仕様が全く異なる車となっています。

前面及び側面の行先表示には日本の路面電車としては初のフルカラーLEDが採用されました。

車体の色は、デ9001が白、デ9002が銀、デ9003が黒のモノトーンとなっています。

 愛称は一般公募により「セントラム(CENTRAM)となっています。

f:id:chibatrain:20200216074641j:plain

 ↑  T100形とは異なる2連接低床式車体です。

f:id:chibatrain:20200216074634j:plain

 ↑ 写真は 2019年の8月の北陸遠征のときのもの。残念ながら見かける機会はほとんどなく、掲載できる写真はこのページの3枚のみです。