CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

東武鉄道 50090系

f:id:chibatrain:20200224111247j:plain

↑ 「TJライナー」での運用を考慮した 50090系は、2008年に登場しました。

50090系は、東上線の座席指定制有料列車「TJライナー」用として増備された車両で、2008年6月に登場しました。

基本的な仕様は他の 50000系シリーズと同様で、アルミダブルスキン構造の 20m級4扉となっています。

非常時貫通扉付きの先頭部は 50070系と共通ですが、新たに窓下にはロイヤルブルーの帯と「 TOJO LINE 」のロゴがデザインされています。

車内は車端部のロングシートを除き、ロング・クロス転換可能なマルチシートが採用され、近鉄「LCカー」などと同様の転換機能が設けられました。

座席の掛け幅は 455mmで、クロスシート時のシートピッチは 1,000mmの設計で、一般席は青色系で濃淡を組み合せてハイグレード感を演出し、優先席は従来の青色系の配色としました。

貫通路側の3人掛け座席は転換装置を設けず向きを変えることはできませんが、背もたれと高さは他の座席と同じとなり、ひじ掛けも装備されました。

2007年度に 10両編成4本が新製され、「 TJライナー」がデビューした 2008年6月14日より本格的に営業運転を開始、その後 2009年度に2本が増備され、現在6本 60両が同線で運用されています。

クロスシートでの運用は「TJライナー」「川越特急」で行われる他、池袋で折り返し「TJライナー」となる快速急行や、「川越特急」の折り返し普通列車小川町駅森林公園駅間)でも、運用の都合上クロスシートとなります。

それ以外の運用では基本的にロングシートでの運用となります。

なお、50090系は地上運用のみで、有楽町線副都心線などへの直通運用には使用されません。

f:id:chibatrain:20200224111251j:plain

 ↑ 関東の民間私鉄としては、初となるマルチシートを採用しました。

f:id:chibatrain:20200224111256j:plain

 ↑ 森林公園で折り返し、普通列車の運用に就く50090系

f:id:chibatrain:20200224111302j:plain

 ↑ 50000系シリーズですが、青い帯が全面と側面にデザインされているので、他の車両は一目で区別できます。

f:id:chibatrain:20200224111259j:plain

 ↑ 川越特急の運用で池袋駅に入線する50090系

f:id:chibatrain:20200224111305j:plain

 ↑ 50090系は地上線運用のみ、地下鉄への乗入れは行わない。

f:id:chibatrain:20200224111309j:plain

 ↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20200224111312j:plain

 ↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200224111316j:plain

 ↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200224111319j:plain

 ↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200224111324j:plain

 ↑ 側面の様子(パンタフラフ付近)

f:id:chibatrain:20200224111328j:plain

 ↑ パンタグラフの様子。

f:id:chibatrain:20200224111331j:plain

 ↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20200224111335j:plain

 ↑ 運転台の様子

f:id:chibatrain:20200224111339j:plain

 ↑ クロスシート時の様子 その1

f:id:chibatrain:20200224111344j:plain

 ↑ クロスシート時の様子 その2

f:id:chibatrain:20200224111347j:plain

 ↑ クロスシート時の様子 その3

f:id:chibatrain:20200224111352j:plain

 ↑ 貫通路側の座席は、転換できず、クロスシート運用に向きは変わらず。

f:id:chibatrain:20200224111357j:plain

 ↑ ロングシート時の様子 その1

f:id:chibatrain:20200224111401j:plain

 ↑ ロングシート時の様子 その2