CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

会津若松駅

f:id:chibatrain:20200315174041j:plain

年末に帰省したときに撮った、磐越西線会津若松駅構内です。

今年の正月に帰省した際に撮りました。

会津若松駅は、磐越西線の中間駅でありながら、線路はスイッチバックで配線され、駅は頭端式の構造となっています。

会津若松駅スイッチバック配線となっているのは地理的な要因によるものかと思われ、会津若松の市街地(中心)は駅のさらに先になります。

磐越西線のうち、郡山駅会津若松駅間は1899年7月に岩超鉄道によって開通し、会津若松駅は終着駅となりました(当時の駅名は「若松駅」)。

そこから新潟への路線建設は、当初の喜多方経由から資金難から坂下(会津坂下)経由にいったん変更されますが、地元の反対を受け、最終的にはもとの喜多方経由で敷設されました。

もし、坂下経由になっていたら、地理的に現在のようなスイッチバックにはなっていなかったと思われます。

なお、会津若松駅から坂下へのルートは、その後(国有化後)に会津線(現:只見線)として建設され 1926年に会津若松駅会津坂下駅間が開通しました。