CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

JR東日本 E653系1000番台 いなほ

f:id:chibatrain:20200328161726j:plain

↑ 常磐線から羽越本線白新線を走る特急「いなほ」用に転用されたE653系。

常磐線の特急「フレッシュひたち」などで運用されていた E653系は 2013年3月のダイヤ改正E657系に置き換えられ、その後 2013年から2014年にかけて全車新潟車両センターに転属しました。

そのうち、基本編成(7両編成8本、一部は付属編成とユニットを交換)は郡山総合車両センターにおいて転用改造が実施され、あらたに 1000番台の番台区分となりました。

転用改造としては、新潟・秋田支社管内での走行環境に対応するために耐寒耐雪構造が強化され、強化スカートの換装、スノープラウ・着雪防止装置の装着・主要機器への防雪カバー設置・客室暖房の強化などが実施されました。

また、併結運用を伴わないことから、先頭車の電気連結器は撤去されました。

特急「いなほ」の運用では「フレッシュひたち」ではなかったグリーン車の連結が必要となるため、クハE652 形はグリーン車のクロE652 形に改造され、秋田向きの先頭車として連結されました。

普通車の座席はシートモケットが「小千谷ちぢみ」をモチーフとしたものに交換されました。

外装は日本海に沈む夕日と稲穂をイメージしたカラーリングに変更されました。

E653系1000番台は、2013年9月に営業運転を開始、2014年7月までに 485系をすべて置き換えました。

2017年以降、一部編成のエクステリアが変更され、U106 編成が海の色を表現した「瑠璃色」、U107 編成が羽越本線沿線の海岸に自生するハマナスを表現した「ハマナス色」となりました。

2018年11月には U108 編成が 国鉄485 系に近い塗装に変更され、勝田車両センターに再転出され、現在は引き続き7両編成7本が特急「いなほ」などに運用されています。

f:id:chibatrain:20200328161731j:plain

 ↑ 常磐線からの転用に伴い、耐寒耐雪強化などが図られ、1000番台となりました。

f:id:chibatrain:20200328161735j:plain

 ↑ カラーリングは「日本海に沈む夕日と稲穂」をイメージしています。

f:id:chibatrain:20200328161739j:plain

 ↑ 白新線を走行するE653系1000番台 、特急「いなほ」

f:id:chibatrain:20200328161742j:plain

 ↑ 新潟駅に停車中の特急「いなほ」を撮影。

f:id:chibatrain:20200328161747j:plain

 ↑ 後追いの写真で恐縮ですが…