CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF16-30 ①

f:id:chibatrain:20200405190135j:plain

このブログでは、自分の所有する模型はトミーテック鉄道コレクションばかりを紹介していますが、ちゃんとしたNゲージもそれなりに保有しています。

但し、ここ数年は車両価格が異常に高騰し、サラリーマンの小遣いでは手が出せにくい状況になっているため、ほとんど購入していません。

写真の機関車は、マイクロエース製の EF16です。

EF16は、貨物列車牽引用の標準機として、1947年以降大量増備された EF15 が勾配区間用に改造された機関車です。

最初に導入されたのは奥羽本線の福島-米沢間て、電化当初から配置された当時の福島第二機関区に配置された 12機のEF15が改造され、 EF16 になりました。

奥羽本線板谷峠は、33‰の急勾配が連続する峠超えの難所で、当初配置された EF15では下り勾配でブレーキ(機械的な踏面ブレーキ)を酷使されトラブルが続出した為、新たに回生ブレーキが追加され、改造機が EF16 に改番されました。

その後、EF16は上越線の水上-石打間の急勾配対策でも投入されましたが、模型の 30号機はその上越線向けに増備されたグループのうちの1台です。