CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF15-8 ②

f:id:chibatrain:20200416110543j:plain

EF15 は、戦後貨物需要に対応する為に1947年から1958年までの間に202両が製造されました。

同時期に製造されたEF58とは台車や主要機器が共通化され、この2機種が当時の標準機となっていましましたが、EF58同様、大量増備されたEF15はメーカーや製造時期より仕様が異なり、バリエーションも多いです。

自分が所有している、マイクロエースのEF15-8号機は、実車では日立製の一次車に属し、側窓は5枚、耐寒耐雪増備と勾配用に撒水装置を取り付け、奥羽本線の福島駅-米沢駅間の運用に投入されました。

奥羽本線では、EF16 8号機に改造され運用されていましたが、同区間撤退後は EF15に戻され、長岡・新鶴見を経て、晩年は甲府身延線の貨物輸送などで活躍し、1979年に引退しました。