CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

京浜急行電鉄 旧1000形

f:id:chibatrain:20200418163844j:plain

↑ 旧1000系は1959年に量産化が開始され、京浜急行の主力として活躍していました。

京浜急行 旧1000形は、都営浅草線との相互直通運転に備えて誕生した形式で、1959年から 1978年の 19年間にかけて 356両(後述の旧 800形編入車を含む)が導入されました。

本格的な地下鉄直通用の試作車としては、1958年に初代 800形(デハ 800形・デハ850形)の2両編成2本が製造されましたが、前面は非貫通・2枚窓のいわゆる湘南スタイルとなり、主要機器は初代 700形をベースとしたものでした。

1000形は 800形の量産車として 1959年から導入が開始され増したが、1次車は4両固定編成となり、京浜急行では初めて新製時から中間車が連結されるようになりました。

1000形の車体は全長 18mの片側3扉車で、車内はオールロングシート、主要機器や台車・駆動方式などは 1968年までの製造車は製造メーカーなどにより仕様が異なっていましたが、1971年以降の増備車ではこれらの仕様は統一されるようになりました。

初期車の前面も非貫通・湘南スタイルで製造されましたが、地下区間では乗客の避難で支障が出ることから直通のための基準が変更され、前面の貫通扉設置が義務化されたため、1961年以降の増備車から前面に貫通扉が設置された仕様となり、初期車も 1969年以降貫通扉付に改造されました。

試作車の 800形4両は、1965年に 1000形に改番・編入され、1966年には主電動機の交換など量産車に性能を揃える工事が実施されました。

1000形は、優等列車から普通列車までの運用をこなす汎用車として開発されましたが、長期にわたって製造されているため、冷房化改造や地下鉄線内の安全基準強化によって、最終増備グループにあわせる形でリニューアルが実施されています。

全電動車の2両1ユニットで構成され、M1系車に主制御機器、M2系車に補器類を搭載、編成構成の自由度が高いことを活用し、1970年代から 2000年代に至るまで、頻繁に編成替えを行って、需要の変化に対応してきました。

都営浅草線への直通運転は、1968年の開始以降長期間行われ、京成線・北総線などにも乗り入れていましたが、2008年 11月以降は終了し、晩年は京急の各路線内での限定運用とされました。

老朽化に伴う廃車は 1988年から始まり、2010年6月末までに全車引退となりました。

f:id:chibatrain:20200418163848j:plain

 ↑ 初期車は前面非貫通でしたが、1960年以降は貫通扉が設置されるようになりました。

f:id:chibatrain:20200418163852j:plain

 ↑ 架線の影が映ってしまい、あまり見栄えが良くない写真で恐縮です。

f:id:chibatrain:20200418163856j:plain

 ↑ 車体は18m級で片側3扉、当時の京急車両らしく1枚ドアです。

f:id:chibatrain:20200418163900j:plain

 ↑ かっこいい前面 その1

f:id:chibatrain:20200418163936j:plain

 ↑ かっこいい前面 その2

f:id:chibatrain:20200418163909j:plain

 ↑ かっこいい前面 その3

f:id:chibatrain:20200418163917j:plain

 ↑ 晩年に撮った写真ばかりなので、ほとんどが普通列車での運用ばかりです。

f:id:chibatrain:20200418163913j:plain

 ↑ 新600形との並びです。