CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

EF66 後期形 ブルートレイン牽引機 ①

f:id:chibatrain:20200416110556j:plain

先週紹介したものと同じ、KATO のEF66 後期形ですが、パンタグラフが異なり、こちらは下枠交差型の PS22 を搭載しています。

製品名は、「 EF66 後期形ブルートレイン牽引機」となっていますが、ブルートレインを牽することとパンタグラフが PS22 (実車は PS22B )となったことは、直接関係ありません。

元々、EF66 は菱形のパンタグラフ(PS17)を搭載していましたが、後年はその部品調達が難しくなってきたことから、順次交換となったそうで、中には PS17 に戻った機関車もありました。

EF66は、本来は貨物専用機でありながら、前面デザインはボンネット形の特急列車を彷彿されるような従来の機関車にはないタイプで、デビュー当初からブルートレインの牽引する姿を望む鉄道ファンがたくさんありましたが、それが実現するようになったのは、量産車がデビューしてから 17年後の 1985年以降です。