CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【鉄道コレクション】 北海道ローカル私鉄

f:id:chibatrain:20200422175642j:plain

かつて北海道に存在した民間私鉄の車両が製品化されていますが、いずれの私鉄も現存していません。

コレクションリスト

旭川電気軌道

現在も旭川市を中心にバス事業などを展開する企業ですが、かつては軌道事業を主軸とし、東川線(旭川4条ー東川間)及び東旭川線(旭川追分-旭川公園前)を運行していましたが、1973年1月1日に廃止となっています。

この路線が、軌道線でありながら高床式の電車を使用し、ホームも高かったのが特徴でした。

f:id:chibatrain:20200315133740j:plain

モハ1001 

 留萌鉄道

 留萌鉄道は、かつて北海道雨竜郡に存在した鉄道で現地で産出される石炭の輸送を中心に運営されていました。

留萌本線恵比島駅から分岐して昭和駅に至る炭礦線(17.6km)と留萌駅から分岐して石炭積出港である留萌港を取り巻く海岸線(計3.3km)を保有していましたが、海岸線は留萌駅の改良に伴って1941年に買収国有化され、国鉄留萌駅の構内側線となりました。

炭礦線は1960年代まで沿線の炭鉱からの石炭の輸送や旅客輸送などを行っていましたが、1968年に国内炭鉱の整理統合政策の明示により、沿線の中小炭鉱が閉山となり、留萌鉄道は 1969年に休止、1970年に廃止となりました。

f:id:chibatrain:20200320201754j:plain

 キハ1001

雄別鉄道

雄別鉄道は、かつて釧路駅と雄別炭山駅を結んでいた雄別本線などを運営していた私鉄で、雄別本線は雄別炭鉱からの石炭輸送や旅客輸送などを行っていましたが、1970年の雄別炭礦の閉山とともに廃止になりました。

旅客用としては気動車が活躍していましたが、貨物列車や混合列車では最後まで蒸気機関車で運用されていました。

f:id:chibatrain:20200405094209j:plain

キハ49200Y形

夕張鉄道

夕張鉄道は、かつては函館本線野幌駅から夕張本町駅までを結んでいた鉄道で、沿線にある多くの炭鉱の専用線と接続し、石炭輸送を行う他、旅客輸送にも多く力を入れていました。

1950年から1960年ぐらいにピークを迎えていましたが、その後は石炭産業の斜陽化により衰退が進み、1975年に全線が廃止されました。

f:id:chibatrain:20200419174320j:plain

キハ253