CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

【Nゲージ】EF57・EF58の試運転

f:id:chibatrain:20200620173231j:plain

前回、保有する蒸気機関車の試運転を行いましたが、他にも放置状態の動力車は沢山あるので、それらの車両も順次走らせて状態をチェックするつもりです。

今回走らせたのは、電気機関車のEF57とEF58。

EF58は色・形状違いで4機も保有していたのですが、そんなことはすっかり忘れていました。

自分が子供の頃に乗車した唯一の東京発ブルートレインは、14系客車の寝台特急紀伊」で、それを牽引していたのが EF58でした。

(当時の寝台特急紀伊」は、山陰地方向けの「いなば」と併結で東京を出発、名古屋で切り離されて、関西本線紀勢本線と進み、紀伊勝浦まで走っていました。)

なお、今回は 10系客車を牽引させて試運転を行いました。

f:id:chibatrain:20200620173234j:plain
KATO の EF57 です。

自分が 大人になってNゲージを再開したときに、真っ先に購入した機関車です。

かなり古い製品ですが、下手なマイクロの新製品よりもしっかり走ります。

やはり、KATOの製品は長持ちします。 

問題なく稼働。

f:id:chibatrain:20200620173240j:plain

 KATO の EF58 上越線ブルーです。 

上越線で使用していた EF58は、前面の窓につらら切りが装着されているのが特徴的でした。

問題なく稼働。

f:id:chibatrain:20200620173244j:plain

 茶塗装の KATO EF58 です。

自分が所有しているのは、初期型で前面窓が大きいタイプです。

 問題なく稼働。

f:id:chibatrain:20200620173247j:plain

 数ある EF58 の中で最も有名な、お召指定機の KATO EF58 61号機です。

実車は、まだ健在なのでしょうか。

問題なく稼働。

f:id:chibatrain:20200620173251j:plain

 KATO の EF58  ブルトレ塗装です。

20系を購入してこれを牽引させたいですね。

購入してからかなり経過していますが、実際に走らせるのは今回が初めてです。

問題なく稼働。

f:id:chibatrain:20200620173254j:plain

ところで、今回の試運転では、機関車の稼働は問題ありませんでしたが、列車の脱線が同一場所で何回も発生しました。

写真は、旧路線(廃止予定)エリア、ポイントまでで立ち往生する EF57牽引試運転列車です。

f:id:chibatrain:20200620173259j:plain

 機関車のすぐ後ろに連結されていた オユ10 は後ろの台車が完全に線路から飛び出してしまっています。

(ちなみに、ストラクチャーの煙突も倒れていますが、これは今回の脱線とは一切関係ありません。)

f:id:chibatrain:20200620173303j:plain

 3両目に連結されていた オロネ10 は、ポイントの手前で脱線・転覆しています。

このポイントはミニカーブレールですが、列車はここでは直進していますので特に問題ありません。

脱線の原因はこのポイント通過が原因のように見えますが、調査の結果、原因はここではなくその手前であることが判明しました。

このポイントの手前、左カーブの元には「カーブポイント」があるのですがそれが原因でした。

f:id:chibatrain:20200523205803j:plain

 以前も掲載したものと全く同じ写真です。

そのときは、ここを 583系が通過しようとして脱線していましたが、今回もここでした。

列車はこのポイントを通過するときに脱線し、そのまま先の左カーブを曲がろうとして転覆していました。

f:id:chibatrain:20200620173307j:plain

 カーブポイントの根本、分岐点ですが、ここを列車が通過しようとするときに、列車の外側が台車ごと浮き上がってしまいます。

ポイント内側の稼働するどこかの部分が、通過車両の床下と接触し、台車ごと車両を持ち上げてしまいます。

通過後、浮き上がった台車はガタンと下に落ちるのですが、そのときに脱線してしまうようです。

f:id:chibatrain:20200620173312j:plain

 写真では浮き上がった状態がうまく撮れませんでしが、台車はこの真ん中あたりを通過するときに浮き上がり、その後ガタンと下に落ちる形で通過していました。

最低の速度で徐行してこの区間を走らせ、横からこの位置をずっと見ていましたが、通過する列車のうち半分ぐらいの台車ががガタン・ガタンといって通過していきました。

目の前で脱線する台車も多くありました。

時間がないので、脱線の原因究明は次回に先送りです。

レイアウトの作り直しを予定している中、現在 KATO と TOMIX のレールどちらを使うか迷っていますが、自分の望む条件を満たそうとすると、どうしてもカーブポイントが必要となります。

それがこのように不具合を起こしてしまうのであれば、実際どうしようか考えてしまいますね。

いずれにしても、カーブポイントを今後も使い続けるのであれば、この茶色のカーブポイントは古いので代替えしようとは思っています。