CHIBA TRAIN NET

鉄道車両に関する記事・鉄活動記録の他、模型の紹介なども掲載していきます。

新京成電鉄 8800形

f:id:chibatrain:20200924104551j:plain

↑ 新京成電鉄最大勢力となる8800形。現在は全編成が6両化されています。

8800形は 8000形に代わるモデルチェンジ車として 1986年に登場、1991年までの5年間に 96両が製造され、新京成の現有車両としては最大勢力となっています。

デビュー当初は8両編成として導入しましたが、現在は全編成が6両編成となり運用されています。

メニュー

概要

8800形は、直流 1,500Vの電気鉄道で長編成電車としてはVVVFインバータ制御を早期に導入されたことがその特徴で、GTOサイリスタ素子により1基のインバータ装置で4基の電動機を制御する方式(1C4M)が採用されました。

車体は 18m 級普通鋼製・両開き3ドアで、制御装置は新京成としては初となる回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを搭載、台車は車体直結式の空気ばね台車を履いていますが、カーブの多い新京成線の実情が考慮された設計が施されています。

先頭車全面は 8000形に続き非貫通型となり、側面は当時としては比較的大きなサイズの1段下降となっています。

新製時は 新京成初となる 4M4T の8両固定編成で導入され、しばらく8両編成× 12本( =96両)の体制で運用されてきました。

しかしながら、東葉高速鉄道の開業に伴う利用者の微減傾向や、京成千葉線へ直通列車の制限(乗り入れ車両は6両編成のみ)等の事情により、2006年以降8両編成から6両編成に組み替える工事が順次実施され、2014年までに全編成が6両編成化されました。

6両編成化工事は、空気圧縮機などの必要機器を中間車から制御車に移設し、8両編成から中間車を2両抜く形で行われ、余剰となった中間車は集められあらためて6両編成に組成されました。

余剰車の一部で先頭車改造が実施された他、また再び中間車となる車両では他の8800形やN800形などに準じた機器類やパンタグラフなどが搭載されるなどの工事も実施されました。

8両編成時代は新京成線内のみでの運用でしたが、6両編成化後は直通対応車による京成千葉線への乗り入れを開始し、京成千葉線内でも同形式を頻繁に見かけるようになりました。

現行(新塗装/リニューアル車)

f:id:chibatrain:20200924104600j:plain

↑ 8800形を含む新京成電鉄各車両の新塗装化は 2014年に開始されました。

2014年以降に実施された新京成電鉄の各車両の新デザイン化(新塗装化)では、8800形も全編成が白地にコーポレートカラーであるジェントルピンクを配した新しい塗装に変更されました。

一方、機器更新と合わせて実施されるリニューアル工事は 2017年から開始され、毎年1本づつ工事が施行される予定となっています。

リニューアル工事では、パンタグラフシングルアーム式に交換された他、行先表示器のフルカラー化、化粧板の張替えや床材の張替えなどの内装の更新工事等が実施されています。

f:id:chibatrain:20200924104556j:plain

↑ 京成千葉線から京成津田駅に到着する8800形

f:id:chibatrain:20200924104604j:plain

↑ 6両編成化後、京成千葉線内でも見かけるようになった8800形 

f:id:chibatrain:20200924104609j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20200924104613j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20200924104617j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20200924104620j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20200924104625j:plain

↑ シングルアーム式に交換されたパンタグラフ

f:id:chibatrain:20200924104629j:plain

↑ 台車の様子

旧塗装時代

f:id:chibatrain:20200924104632j:plain

↑ 新塗装化前は、ベージュ地に茶色の帯を配した色でした(写真は千葉直通仕様のデザイン)

デビュー当初から上記の新塗装化が開始される前までは、ベージュ地に茶色の帯を配した塗装で運用されていました。

6両化のうち千葉直通対応が施された編成は、側面の帯が4本でデザインされた塗装に変更されました。

f:id:chibatrain:20200924104637j:plain

↑ 旧塗装の方がこの車両には似合ってたように思います。

f:id:chibatrain:20200924104641j:plain

↑ 8両編成時代の8800形。側面の帯が太いのが1本のみです。

f:id:chibatrain:20200924104644j:plain

↑ 前面の様子。