CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【鉄コレ】 近江鉄道 モハ51

f:id:chibatrain:20201025175037j:plain

モハ51形は、元は川崎造船所で造られた木造両運転台の電動貨車デワユ101・102を、1941年に日本鉄道自動車で鋼体化・旅客車化改造を行い、車番もモハ51・52と改番したものです。

近江鉄道では初の半鋼製車両で、全長は 15.3m。

鋼体化改造当初は非貫通形の3枚窓による両運転台車でしたが、1961年に非パンタグラフ側前面の運転台撤去と乗務員室扉の小窓化・連結面の貫通化などが行われ、片運転台車になり、運転席側前面は2枚窓・Hゴム支持となりました。

近江鉄道では 1978年まで使用されましたが、その後廃止となり銚子電鉄に譲渡され、同鉄道のデハ701・702となりました。

鉄道コレクションでは第12弾で 1962年の片運転台に改造された時代の姿が製品化されています。

f:id:chibatrain:20201025175042j:plain

↑ モハ51

f:id:chibatrain:20201025175045j:plain

↑ 前面の様子

f:id:chibatrain:20201025175050j:plain

↑ 側面の様子 その1

f:id:chibatrain:20201025175055j:plain

↑ 側面の様子 その2

f:id:chibatrain:20201025175100j:plain

↑ 側面の様子 その3

f:id:chibatrain:20201025175104j:plain

↑ パンタグラフの様子

f:id:chibatrain:20201025175109j:plain

↑ 台車の様子

f:id:chibatrain:20201025175113j:plain

↑ 片側運転台仕様で、反対側には運転台がありません。