CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【Nゲージレイアウト】勾配区間の地形製作 その2

f:id:chibatrain:20210221152554j:plain

前回に続き、勾配区間の地形製作を進めます。

当面は、サブテレインで設けた勾配区間の周囲の地形の骨組みを、以前のレイアウトなどで余剰となっている発泡スチロールやスタイロフォームで作っていく作業を行っています。

ある程度地形の原型が決まった後は、プラスター加工で仕上げる形になると思いますが、具体的にどのような製品を使って仕上げるのかは検討中です。

f:id:chibatrain:20210221152559j:plain

 前回は、写真のようにサブテレインの脇の地形を発泡スチロールとスタイロフォームで作っている途中で終わりました。

写真手前の地形(縦長のブルーのスタイロフォームの上に発泡が載せてあるもの)はまだ仮に置いてるだけなので、今回はまずはこの部分の作り込みから作業を開始しました。

f:id:chibatrain:20210221152603j:plain

まずは、スタイロフォームの上に載せる発泡を接着しました。

f:id:chibatrain:20210221152608j:plain

更に、もう使わない余剰のサブテレインを切り出し、厚さ0.5cm程度の更に薄い発泡の板を作り、ボンドで貼り付け、ひな壇の地形部分を作ります。 

f:id:chibatrain:20210221152611j:plain

角になっている部分はカッターで少し削りました。

f:id:chibatrain:20210221152616j:plain

このようなひな壇のパーツができました。

発泡はカッターでラフに切ったため形は整っていませんが、後でプラスターで整えるので問題ありません。

まだ加工する必要があると思いますが、全体を見ながら作業を進めたいので、とりあえずこの状態でレイアウトに仮置きしました。

f:id:chibatrain:20210221152620j:plain

レイアウト奥のサブテレインよりも先の角部分は、まだ何も手をつけていませんでしたが、ここも丘陵地にする予定です。

スタイロフォームで嵩上げをすることにしました。

f:id:chibatrain:20210221152624j:plain

嵩上げする角地の寸法を測りながら余剰のスタイロフォームを切断し、嵩上げ用のパーツを作りました。

f:id:chibatrain:20210221152628j:plain

切り出したパーツを角の丘陵地にタイトボンドで接着しました。

f:id:chibatrain:20210221152634j:plain

嵩上げする角の丘陵地は、サブテレイン側は円弧上にカーブしていますので、四角に切り出したパーツを張り付けても、当然隙間が発生します。

その隙間には、都度寸法を測りながら更に小さな四角のパーツを貼り、これを続けて隙間を埋めていくようにしました。

とりあえずは、写真の状態まで行いました。

f:id:chibatrain:20210221152639j:plain

上の写真は先に作ったひな壇のパーツを所定の場所に仮置きした状況です。

f:id:chibatrain:20210221152642j:plain

残る直線部分に 、幅4cmのスタイロフォームのパーツを作って仮置きしました。

f:id:chibatrain:20210221152647j:plain

更にその上に幅2cmの発泡を仮置きしました。

これより手前は、曲線部分となります。

f:id:chibatrain:20210221152651j:plain

余剰のスタイロフォームで作った幅4cmの長いパーツを曲線部分に置いてみました。

当然のことですが、スタイロフォームとサブテレインの間には湾曲した隙間ができました。

さて、この隙間をどう埋めようか。

f:id:chibatrain:20210221152654j:plain

細長いスタイロフォームの パーツを切断し、いくつかに分割した上で再度配置してみたところ、湾曲した形に合わせ、隙間も少なくできるようになりました。

ここは扇状地のように仕上げるつもりです。

今回の作業はここまでです。

f:id:chibatrain:20210221152658j:plain

丘陵地のカーブ区間をレイアウト手前から見た様子です。

サブテレインの勾配のある高さと高低差を埋めながら自然な扇状地の形に仕上げるのがこれからの作業の課題です。

f:id:chibatrain:20210221152702j:plain

丘陵地となるカーブ区間を走行する旧型国電です。

やはり、線路の両脇は緑にしようか?