CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【Nゲージ】国鉄DD13・京葉臨海鉄道KD55103

f:id:chibatrain:20211028130645j:plain

DD13は、国鉄が脱蒸気機関車ということで動力近代化を進めていた時代、1958年に車両構内のヤード入換用として登場したディーゼル機関車です。

1967年までに416両が製造され、全国の車両基地等で活躍しました。

しかしながら、実際には変速機の性能・効率性の関係から大規模なヤードでの低速・長時間運転には向かず、4軸形式ゆえに従来の蒸気機関車よりも制動がかけにくく、重量のある列車では作業に時間がかかったことから、DE10が登場してからは、もっぱら入換用・貨物支線用として運用されていました。

但し、これらの欠点が運用上問題とならない私鉄や臨海鉄道などでは、その後も同類機が断続的に導入されました。

国鉄のDD13は1987年までに全車廃車となりました。

国鉄DD13一般形(TOMIX)

f:id:chibatrain:20211028130648j:plain

品番:2227

NゲージのDD13といえば、自分が子供の頃はKATO製が定番でした。

TOMIXもかつては一つ目の初期型を香港製で発売していたような気がします。

現在自分が所有しているのは、2017年にトミックスが40周年記念商品として製造したもので、二つ目の一般的なタイプです。

アノールドカプラーのままです。

車番は 365号機を選択。

新レイアウトでは、KD55とともに、今後建設予定の貨物ヤードで活躍する予定です。

f:id:chibatrain:20211028130651j:plain

側面全体の様子

f:id:chibatrain:20211028130654j:plain

反対側から撮った様子。

京葉臨海鉄道 KD55ー103(TOMIX)

f:id:chibatrain:20211028130658j:plain

品番:2644

京葉臨海鉄道のKD55-103号機は元国鉄DD13-346号機ですが、トミックスでは上記のDD13を発売した後、この機関車もすぐに製品化しました。

地元の馴染みのある臨海鉄道の機関車が発売されるということで、当然予約して購入しました。

カプラーはアノールド

新レイアウトでは、DD13とともに貨物ヤードの入換用として運用されます。

f:id:chibatrain:20211028130701j:plain

側面全体の様子。

f:id:chibatrain:20211028130704j:plain

反対側から撮った様子です。