CHIBA TRAIN NET

現在は模型中心。今後、過去も実車の写真・記事を少しづつ整理・リニューアルいたします。

【Nゲージ】ED61・ED62

f:id:chibatrain:20211225185234j:plain

ED61は、中央本線八王子-甲府間の輸送力増強と旧型(私鉄買収機関車や大正時代の輸入機関車等)の置き換え用として1958年から1959年にかけて18両が製造されました。

ED60とベースは同じですが、抑速ブレーキとして電力回生ブレーキが装備されるなど、急勾配区間に対応するための仕様変更が行われ、車体もED60よりも1.3m長くなっています。

ED61の運用では駆動装置や電力回生ブレーキ等で不具合も多く発生していましたが、1964年に登場したEF64の増備が進んだことから、飯田線の旧型機関車の置き換え用として転用されることとなり、1975年から1979年にかけて18両全機がED62に改造され、飯田線向けに投入されました。

ED61からED62への改造に際しては、回生ブレーキ等の機器が外され、床にあった機器を移設、空いた床部分に1軸の中間台車が増設され、元々15tであった軸重が13tに軽減されました。

1983年以降、ED62は飯田線の貨物輸送の衰退により徐々にその数を減らし、2002年までに全機廃車となりました。

Nゲージでは、ED61・ED62ともTOMIX製の旧製品をそれぞれ1両ずつ所有しています。

細かい部分の精密さは、製品の古さを考慮すればそれなりの出来で、個人的には満足しています。

DF50同様、ろくなメンテナンスをしていませんが、今だ元気に動きます。

ED61

f:id:chibatrain:20211225185237j:plain

品番:2136

中央本線で活躍したED61。

2号機を選択しました。

f:id:chibatrain:20211225185240j:plain

側面から見た様子

f:id:chibatrain:20211225185243j:plain

反対側から見た様子

f:id:chibatrain:20211225185247j:plain

中間台車はありません。

ED62

f:id:chibatrain:20211225185250j:plain

品番:2137

6号機を選択しました。

ED61と比べて、中間台車がある分こちらの方が床下に隙間が少なく、見た目では重量感がありこちらの方がかっこいいです。

f:id:chibatrain:20211225185253j:plain

側面から見た様子

f:id:chibatrain:20211225185259j:plain

反対側から見た様子です。

f:id:chibatrain:20211225185256j:plain

改造時に追加された中間台車の様子です。